space lacsのblog

存在の居心地の悪さを綴った文言を叫び抱えたストラトにも何やら叫ばせるインプロヴァイザー(?)。大病で救急車で病院へ向かいあっち側へも向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうもまたしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか…

2018年11月

灯油を買わねばと思う日の朝にお言葉

夢はいつ開く。 - 川崎ゆきお

思えば

今を去ること数十年前の1976年、この本に出会ったのは
ひとつの分かれ目であったのかもしれない。
文庫で再版。親本はとっくにどっかに
行ってしまったので文庫で再び入手。

再び、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず……

『バックパッキング入門』芹沢一洋(山渓文庫)
PB140061

納めの地蔵を前に今日の御言葉

谷底に響け我らのクリスマス - 立川談志

11月11日、”Standard Live, 枯れ葉剤の日”ご報告;再x5改訂版

”Standard Live; 枯れ葉剤の日”
ざっとご報告です


美しい夕べでありました。
ご来場の皆様、改めてありがとうございました!
そしてTake-Bow & Meg Mazaki from KYOTO にも改めて
ありがとうございました!


電気系(電波系にあらずw)は準備が大変である
PB110004

Take-Bowのストラトを持つゴーゴー坂本
なんとFULL HOUSE 藤井の姿も!ウエノさんは来ず……
PB110005


MU    -   Take-Bow(g) Meg Mazaki(ds)  
スクリーンショット 2018-11-12 0.07.30

スクリーンショット 2018-11-12 0.07.54

スクリーンショット 2018-11-12 0.10.01


The Jazz No Messagers                                         
fea.Akai Kafon & Nagasaka Hitoshi;

佐藤シゲル、
赤井香本(カイサドラム)、小林雅典から始まる
46013258_2220731014882206_9150728355874603008_n


会長/後藤
が加わる。
佐藤シゲル、赤井香本、小林雅典
スクリーンショット 2018-11-12 0.13.05


佐藤シゲル、会長/後藤
、赤井香本、小林雅典
(撮影:Meg Mazaki)
46033885_206522036909627_4811902022078955520_n

会長/後藤、赤井香本、佐藤シゲル
(撮影;渚ヒトミ)
スクリーンショット 2018-11-12 6.43.22


長坂 均(実はフレームの外にいる。スマヌ)、会長/後藤、
佐藤シゲル、赤井香本、小林雅典
スクリーンショット 2018-11-12 0.14.47


顔見世 The Jazz No Messagers  fea.Akai Kafon & Nagasaka Hitoshi
長坂 均、会長/後藤、佐藤シゲル、イトウノリオ、赤井香本、小林雅典
(撮影:Meg Mazaki)
45669372_2194810420529296_8283189311914901504_n


(撮影:Meg Mazaki)
45881436_256386674980373_5420552012372639744_n

(撮影:Meg Mazaki)
45999055_2033105793647201_8388297125972148224_n


長坂 均、佐藤シゲル
(撮影:Meg Mazaki)
46084860_2061869270770500_3648470195627884544_n


(撮影:Meg Mazaki)
46013258_2220731014882206_9150728355874603008_n


改めてThe Jazz No Messagers  fea.Akai Kafon & Nagasaka Hitoshi
(撮影:Meg Mazaki)
46161703_263935687649342_3099734539551899648_n


長坂 均(実はフレームの外にいる。スマヌ)、会長/後藤、
佐藤シゲル、イトウノリオ、赤井香本、小林雅典
スクリーンショット 2018-11-12 0.20.42


赤井香本、佐藤シゲル、小林雅典、イトウノリオ
(撮影;渚ヒトミ)
スクリーンショット 2018-11-12 6.44.35


長坂 均、会長/後藤
(撮影;渚ヒトミ)
スクリーンショット 2018-11-12 6.43.50

狂乱を沈静化する赤井香本枯葉”
PB110028

バッキングはイトウノリオ
PB110021

スペシャルトリオがはじまる。
佐藤シゲル、Take-Bow、Meg Mazaki
PB110040

右手のサポーターが痛々しいぞ佐藤シゲル
PB110049

LastはTake-Bowの弾き語り(!)
(撮影:Meg Mazaki)
46104909_257163991569944_1238368899708223488_n

あ〜それと
赤井香本からいただいた名刺の裏面がカワイイ。
PB120059

”Standard Live, 枯れ葉剤の日”、ご来場ありがとうございました!

”Standard Live; 枯れ葉剤の日”
ご来場ありがとうございました


ご報告は後日!
              
Take-Bowは
呆れ返っていたのではないだろうか……

In progress XIV;いよいよ、あと3時間、11月11日、”Standard Live, 枯れ葉剤の日”with 再×6改訂版フライヤー,佐藤シゲルF.B.,Meg Mazaki F.B.

”Standard Live; 枯れ葉剤の日”
いよいよ、あと3時間でStartです


常用薬がいつも以上に効いてるぜ!!

(量を間違えたのだがw)

新結成The Jazz No Messengers
赤井香本(pf)、長坂 均(tp)がゲスト参加!
 DqHBPFLXcAAF-2Q
     
                      (長坂 均:photo by ゴーゴー坂本)

 
深まる秋のうめき声のような

スタンダードジャズライブ!

Moanin' ▪Defoliant

”魂が震えるギターの音色と、

哀愁を帯びたトランペット!


心のひだに沁み入るピアノとベース、


秋の夜 人恋しくなる時間でした。


行って良かった”となるかなあ……。




”Standard Live; 枯れ葉剤の日”

MU       Take-Bow(g) Meg Mazaki(ds)       

*

The Jazz No Messagers                                         
fea.Akai Kafon & Nagasaka Hitoshi


赤井香本(pf)
長坂 均(tp)

佐藤シゲル(b)
小林雅典(g)
会長/後藤(vo.g)
伊藤ゼロ(ds)


TODAY,11/11(Sun.)

18:00start  ¥1500

JAZZ TAKE ZERO ,Yokkaichi


そして
非公認フライヤの進化(?)は止まった……
再×6改訂版を……。

1111-262

***********************************
佐藤シゲルMeg Mazaki のF.B.を貼る。
(但し改行を変更、フライヤーは再×6改訂版に差し替え
***********************************

即興のジミヘン=Take-Bowさんは四日市初登場では(たぶん)?

まあ絵になる方です。カッコイイ。

もちろんMegさんは柳川さんの相棒ですから言わずもがな。
で、The Jazz-No-Messengersは先月から引き続いての出演です。

全員違う方向見ているようで、実は漂う一体感!

ぜひお感じとりクダサイ。

1111-262

********************************

    はい take-bowは初四日市です^^
    しかし 対バンさんといい フライヤといい

    いまから一筋縄でいかない感満載やなあ👽

    11月11日(日) @四日市 Jazz Take Zero

    'Defoliant'(枯葉剤)


    ・MU 'play standards'
    take-bow(g) Meg Mazaki(ds)


    ・The Jazz No Messengers
    小林雅典(g) 後藤博(vo.g)

    佐藤シゲル(b) 伊藤典夫(ds)

    赤井香本(p) 長坂均(tp)


    18時 スタート チャージ 1500円


    1111-262

    ***********************************

ぐあ"〜〜

iTuneまでおかしくなった……。

記憶が正しければ

不屈のブルーズマンは今日は京都にいるように思う。
DrpY4N0U4AMUE2K

咳が止まらない夜にそういえば

ユージン・スミスは59歳で死んだんだったな。

あっ!明日は”Standard Live, 枯れ葉剤の日”なのだが

11月11日、”Standard Live; 枯れ葉剤の日”
いよいよ明日ですが
ワタクシの思う
”Standard”の意味と
世間のそれと違うのかも……という気がチラッとする。

1111-262

In progress X;いよいよ明日、11月11日、”Standard Live, 枯れ葉剤の日”with 再×6改訂版フライヤー,佐藤シゲルF.B.,Meg Mazaki F.B.

11月11日、”Standard Live; 枯れ葉剤の日”
いよいよ明日です


新結成The Jazz No Messengers
赤井香本(pf)、長坂 均(tp)がゲスト参加!
 DqHBPFLXcAAF-2Q
     
                      (長坂 均:photo by ゴーゴー坂本)

 
深まる秋のうめき声のような

スタンダードジャズライブ!

Moanin' ▪Defoliant

”魂が震えるギターの音色と、

哀愁を帯びたトランペット!


心のひだに沁み入るピアノとベース、


秋の夜 人恋しくなる時間でした。


行って良かった”となるかなあ……。




”Standard Live; 枯れ葉剤の日”

MU       Take-Bow(g) Meg Mazaki(ds)       

*

The Jazz No Messagers                                         
fea.Akai Kafon & Nagasaka Hitoshi


赤井香本(pf)
長坂 均(tp)

佐藤シゲル(b)
小林雅典(g)
会長/後藤(vo.g)
伊藤ゼロ(ds)


11/11(Sun.) 18:00start ¥1500

JAZZ TAKE ZERO ,Yokkaichi


そして
非公認フライヤーは進化(?)する……
再×6改訂版を……。

1111-262

***********************************
佐藤シゲルMeg Mazaki のF.B.を貼る。
(但し改行を変更、フライヤーは再×6改訂版に差し替え
***********************************

即興のジミヘン=Take-Bowさんは四日市初登場では(たぶん)?

まあ絵になる方です。カッコイイ。

もちろんMegさんは柳川さんの相棒ですから言わずもがな。
で、The Jazz-No-Messengersは先月から引き続いての出演です。

全員違う方向見ているようで、実は漂う一体感!

ぜひお感じとりクダサイ。

1111-262

********************************

    はい take-bowは初四日市です^^
    しかし 対バンさんといい フライヤといい

    いまから一筋縄でいかない感満載やなあ👽

    11月11日(日) @四日市 Jazz Take Zero

    'Defoliant'(枯葉剤)


    ・MU 'play standards'
    take-bow(g) Meg Mazaki(ds)


    ・The Jazz No Messengers
    小林雅典(g) 後藤博(vo.g)

    佐藤シゲル(b) 伊藤典夫(ds)

    赤井香本(p) 長坂均(tp)


    18時 スタート チャージ 1500円


    1111-262

    ***********************************

ううむ・・・

みなもすなりといふふえいすぶつくなるものを
始めたのだがいまいち操作が分からん。
F.B.の悪口(?)をブログで書いているわけさ……。

Those were the days 3......或る日、FULL HOUSEで......弱気になってるかもしれない......

こんな日もあった……
@今はなきFULL HOUSE
フリージャズナイト PC301747
(Photo by ?)

実は

PCを変えたのだが……バラバラになっちまった……。

そして

立冬……。

どうやら

インプロヴァイザーのイトウカズヒトが入院するらしい……。

他人の空似 2

左はギターのアルベルト・ベンゴレア
ジャン・クロード・ジャンだと思う(←いい加減だなぁ)。
右はよく知らないが球遊びのガキ、
あ、いや、おぼっちゃま(画像はCBC-TVより)。


似ているというも畏れ多い事ではあるが……。
どちらにって?言わずもがな……。
PB060001m_hicbc-000487dc

なるほどね

あの程度のもの読んどきゃ文武両道といわれるのか……。

たとえそうであろうとも

(如何に日本的変化を遂げていようとも)
六道すべてに現れ衆生の苦難を身代わりに受け救い賜う
六道能化の菩薩たる地蔵は何処に御座す……

後二ヶ月足らずで納めの地蔵。

それ迄にクロード・レヴィ=ストロースの
『Le Père Noël supplicié』、邦題、
『火あぶりにされたサンタクロース』
を読み返すこととしませう。

Those were the days 2......或る日、海月の詩で......弱気になってるかもしれない......

こんな日もあった……
理解されようとされまいと(©滝沢彰)@海月の詩
P9220063

(Photo by ?)
プロフィール

space_lacs

存在の居心地の悪さを綴った文言を
叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。
大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか…
通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。

アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
カテゴリー
記事検索
  • ライブドアブログ