私が俳句だ。 - 金子兜太