後鳥羽院が藤原定家を評した
「傍若無人ことわりも過ぎたりき」という言葉を
投げつけられたいものだ……。