白塚の詩人に心配されるようになっては……。