なにを言っているのだぼくは
蝶々が飛ぶはずもない秋の野に来て
 
ー 福島泰樹