大義をわめきたてながら、義を滅しつづけてきたものこそ国家なのだ。
ー 朝倉喬司