言わぬがつぼみというもの。ー 平岡正明