私は徹頭徹尾、異論を承知の上で、おのが独断と偏見を貫いた。
ー 塚本邦雄