未完成には未完成そのものの決意があるはずである。ー 岡本太郎