端無くも口に上ったのは……
万太郎
余りに人口に膾炙していると言わば言え、
 
湯豆腐やいのちのはてのうすあかり

であった。