デイヴィッド・マンロウ三昧の一日であった。