エーコの小説にもあるが、
Numero zero (0号;創刊準備号)ってのはカッコいいな。