ブルーノ・タウト経由の桂離宮礼賛というものには
ある種の胡散臭さを感じてしまう。