また一つ星が消えていく ー『別れ』 浅川マキ