『柳川芳命:年末フルハウス・セッション過去9年の思い出』を引く。


問題は「遺憾」という言葉をいかなる意味に於いて使っているかであるのだが…。
暴力にもユーモアがあると言ったのはボオドレエルだったか…。

****************************************************************
柳川 芳命  年末フルハウス・セッション過去9年の思い出

◆2006 年12月30日:
JR四日市駅前ロータリーにあった旧店舗でフルハウス・デビュー。数名のお客さんを前に「今日はこれぐらいで勘弁しておいてあげます」と言って3ステージ全編轟音アルトサックス・ソロを終える。

◆2007年12月29日:
マスター藤井さんのもとで青春時代にフルハウスのバイトをやっていた鈴木茂流(永久持続音)とのデュオ。若き日を回顧しながら神秘的な音を出していた。

◆2008年12月29日:
石渡岬(tp)、一ノ瀬大悟 (contrabass)とのトリオで、オーネットコールマンの「ロンリーウーマン」をカバー。幻の名演だった。

◆2009年12月27日:
ガイ(g)、 一ノ瀬大悟とのトリオ。「アングラの天皇」ことガイは、改造アコースティックギターを弾きながら、その辺に置いてあった雑誌か何かを朗読。ナンセンスの極 みであった。拙者、めったに吹かないハモニカなども吹いてみる。

◆2010年12月29日:
橡川キョウの狂乱の舞踏も加わって、中編成の集団即興。アカノシバヒト(sax)が途中「サマータイム」を吹き出す。

◆2011年12月30日:
現フルハウス店舗で開催。新田みかんの尺八とサックスのデュオ。You Tubeなどで動画アップされることを想定し、ニット帽とサングラスをつけて演奏。我が身のプライバシーを守る。

◆2012年12月30日:
ガイのうまい言葉に乗せられ東京から新井陽子(p)も参戦。マリリンが初々しく司会進行。喫茶 YOUのマスター(g)とのデュオで「キングスネークブルース」を披露。歌詞は卑猥な日本語だった。フィナーレは、ジョンコルトレーンの「アセンション」 もどきの大集団即興演奏で、大みそかを明日に控えた町に騒音を撒き散らす。元KUKUのマスター村上等(ds)とはこれが最後の共演となった。~合掌~。

◆2013年12月29日:
常連酔客で挑発ヤジをとばすウエノさんのリクエストで、大谷清文(p)と情念にまみれた「サマータイム」を演奏。後半はみかん (tb)、スティーブン(g)、三芳(b)の乱入でフュージョンぽくまとまる。

◆2014年12月30日:
四日市テイクゼロの伊藤マスターが、同業者の店にドラマーとして宣戦布告。栗栖健太郎の静謐な薩摩琵琶と初共演。泥酔したガイは出番前トイレに籠っていたが、ギターを持ったらとたんに元気になった。ウ エノさんが泣いて喜ぶようにと「セントジェームズ病院」を三木勇(ds)、久松尚史(b)、小林雅典(g)と演奏したが、ウエノさんはこの年は欠席だった。遺憾である。
****************************************************************