今日、11月26日(木)は19 : 00 から名古屋のGallery HAM
平川典俊と豊田市美術館の能勢陽子との対談 「アートの根源を語る」なのだが…行けない!
勿論、後日作品は観に行く!!

あ〜この写真は2011年だったかな、
Gallery HAMにて平川典俊と。
DSCF0948


以下、Gallery HAMのWeb.より引く。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

no title

対談 「アートの根源を語る」
2015年 11月26日(木)19 : 00 〜20 : 00 予定
平川典俊 x 能勢陽子(豊田市美術館 学芸員)
Gallery HAMにて


4年ぶりの企画に能勢陽子様とご一緒に対談いたします。
社会のビジョンと芸術活動そして今回のペインティンとの関係を含め本来的な意味での
アートとは何かであるかについてなど。
******************************************************************
9作品から構成された平川典俊のはじめての絵画のシリーズ「魂の承認」。
伝統的なタイ仏教の、影を排除した後光の絵画の技術を使用して制作されました。
芸術作品として存在することの意味を考え、
これまでおおやけの場で開示されてこなかった
平川の芸術作品そのものになり得ない写真を題材に、
芸術として成立させることを目的として制作されたシリーズです。
これは非芸術写真が芸術作品になっていくプロセスを
絵画を通じて変容させ明らかにする作業でもあり、
モチーフがメディアムや手法によって境界線を越えて
芸術に昇華されていくことを証明したシリーズもあります。
絵画の芸術性の本質を探るプロセスとしての
コンセプチュアルアートでもあるこの油絵シリーズ「魂の承認」は、
2013年にバンコクにおいて制作され、
今回、名古屋のギャラリーHAMでの展覧会が世界最初の発表になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++