酒を呑みながらまたまたつらつら考えていたのだが・・・
小生、どうやらある種の音は信用してないようだ。