2015102101_07_1

金子兜太が書いたもの。