我が永遠のアイドルのポスター入手!!その名はヨーゼフ・ボイス!!ああ、あのドクメンタの衝撃がよみがえる(実際にドクメンタに行った訳じゃないけど。当たり前か?針生一郎((だったと思うけど))のドクメンタでのレポートを目にした時、「あっ、コレッ!!」と感じたのが人生誤る元だったのかなぁ~、笑。”コヨーテ”のアクション、で「ヤッパリ」、”緑の党”がらみのアクションで「ヨーシ!」”七千本の樫の木”で「これしかない!」ってなもんですは。ええと、初めて目にしたドクメンタは?なんでリポートは針生一郎じゃなかったかも・・・←いいかげんだなぁ・・・)。・・・またまた誤解される言い方だけど。小生の中では結局(?)、ウォーホール(「ウォーホル」という言い方は今ひとつしっくりこないんですなぁ)ではなく、デュシャンとボイスみたいなんだなぁ・・・(で、結局、これを機会にどうしようかと何年も考えてた((何年も考えることじゃないんですがね))ウォーホール作のボイスのポートレイトも買ってしまうんだろうなぁ。←本物を買えるわけないからポスターですはな。でも結局ポスターの方がウォーホールの意にかなってるのでは?なんて負惜しみを言ったりなんかしてからに)。ま、そんなことで・・・

↓水戸美の「Beuys in Japan:ボイスがいた8日間」のポスターね(アップに関して許可をとってないけど、よしとしてネ、水戸美さん。ダメかなぁ・・・?いいや、ボイスは笑って許してくれるはずさ!!←案外、怒って化けて出て来たりして・・・いや、むしろ化けて出て来て欲しい。笑)。