また言うことが変わったぞ。もちろん「君子豹変す」という言葉があるにはあるのだが(橋下を君子だとはこれっぽっちも思ってはいませんしその内容が良いものだとも思いませんが)。う~ん、世の中、三分前に思いついたことを、少なくとも三年間考え続けて来たように言う方がいらっしゃるものですが(小生自身、そういったことがなかったかといわれると・・・忸怩たる思いがあるんですがね)それにしてもね・・・。まぁあの人が初志を貫徹するってほうが怖いかも知れぬが・・・。にしてもね・・・。目的が手段を正当化するってのもあるんですが・・・(その目的がいかなるものかが問題ではあるんですが)。ま、あの人のことは考えたくもないってのが正直なところですが、無関心は共犯である、ってのもありますからね・・・(つらつら考えるに外的要因が有るには間違いないのですが昨今の社会的なマイナス面はあの小泉平蔵!に端を発してるような気がしてならないんですね。もちろん小生としてはアンチ票を入れたに決まってますが。こういうもどかしさ故に、だから間接民主制はイカンとか首相公選制が・・・とか言い始めるのはあまりに短慮というべきでしょうね。デモクラシーにはさまざまなコストがかかるんでしょうね、残念ながら)。