ウチュクチイ村を作ろうとしていたお代官のアベ様は、
金蔵の中のお金が少なくなってしまったので考えました、
そうだ!年貢をもっともっと取って、
代官所が手伝っていた村の隠居衆の世話はできるだけ手伝わないことにしたりして、
取った年貢を村の衆の為には使わないようにすれば善いんだ!・・・

年貢は沢山入ってくるは、村の衆の為に使うお金は要らなくなるはで
お代官は趣味の弓矢や刀をたくさん買えるようになって、ニコニコ顔になったとさ…