space lacsのblog

存在の居心地の悪さを綴った文言を叫び抱えたストラトにも何やら叫ばせるインプロヴァイザー(?)。大病で救急車で病院へ向かいあっち側へも向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうもまたしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか…

行ってきた

Gallery HAM の 
?新美泰史展 ”巨大な巨大な巨大な無関心”
??オープニングレセプション?へ行ってきました。

↓今日はやって来た新美泰史

↓これらは少し前の作品の由。

↓怪しいストライプはオーナーの神野公男

↓作家の江口康隆UTAN



↓何を狙ってるのやら・・・

↓ニュートリノの声でも聴いているのか?宇宙物理の博士でもある作家、?先間康博

↓相変わらず(?)熱く語るHAMONOYA

↓悪僧風(笑)の作家UTANと建築家のD。このあとUTAN「おい行くぞ!」と声をかけられイタリアンレストランへ酒を呑みにいった(小生だけ)。


Gallery HAM
??464-0075 愛知県名古屋市千種区内山2-8-22??
地下鉄 東山線 / 地下鉄 桜通線?今池駅 下車、2番出口より徒歩5分
??Tel : 052-731-9287 ?Fax : 052-731-9281
http://www.g-ham.com/

曾我蕭白やってるぜ

三重県立美術館
「開館30周年記念?蕭白ショック!! 曾我蕭白と京の画家たち」と銘打って「奇想の画家」曾我蕭白の展覧会をやってます。あわせて山口雪溪、大西酔月、円山応挙、伊藤若冲の作品も展示されてるらしい。
蕭白、すごいよね、というかぶっ飛んでるよね。
7月8日(日)まで
休館日=毎週月曜日

祝 荒木由香里

愛知県美術館APMoAプロジェクト・アーチ
われらが荒木由香里が!

美術館がとりあげたからといってそれが評価、という訳では必ずしもないんですが、そこはそれ、なにはともあれ多くの人がミョウテケレン由香里ワールドにふれることはソイヤソイヤの愚連隊風タワケバカ騒ぎ(世間では「ど祭り」というらしいが・・・ああ、また嫌な季節がやって来る)なんぞに血道をあげるよりよほど名古屋にとって善いことでしょう。おまけにこの企画にはアートの足を引っ張っているとしか思えない御仁の関与はないとのことなので安心して観ることができますよ!
で、「愛知県美術館のAPMoAプロジェクト・アーチ」はなにかというと・・・(以下県美のH.P.より)

愛知県美術館は、開館20周年を迎える2012年、APMoAプロジェクト・アーチをスタートさせます。
APMoAプロジェクト・アーチとは、愛知県美術館の学芸員と作家との協同によって作られる展覧会です。
このプロジェクトが作家の表現活動をサポートし、作家、美術館、鑑賞者の架け橋となることができれば、という思いを込め、ARCH(アーチ)と名付けました。
愛知県美術館の学芸員が、いま当館で紹介するにふさわしい作家を選び、企画展の会期に合わせてご紹介します。
■2012年度の展示作家
vol. 1 吉本直子 2012年4月13日(金)-6月24日(日)
vol. 2 荒木由香里 2012年7月13日(金)-9月9日(日)
vol. 3 西岳拡貴 2012年9月28日(金)-11月25日(日)
vol. 4 奥村雄樹 2012年12月21日(金)-2013年2月11日(月・祝)
vol. 5 佐藤香菜 2013年3月1日(金)-4月14日(日)

■ 展示場所
APMoAプロジェクト・アーチの展示は、展示室6(コレクション展の1部屋)がメイン会場となります。この空間を中心にして、それぞれの作家の多彩な表現をご紹介します。


とのこと。みんなで行きましょう!

Gallery HAM ?で 新美泰史展もあるよ

Gallery HAM で 
?新美泰史展 ”巨大な巨大な巨大な無関心”開催です。
?6月16日(土)~ 7月28日(土)?13:00 - 19:00 (日・月・祝日休廊)

とりあえず
??オープニングレセプション? 6月16日(土) 17:30~20:00 へ行きましょう。
新美は来ないような気もするが・・・。

Gallery HAM
??464-0075 愛知県名古屋市千種区内山2-8-22??
地下鉄 東山線 / 地下鉄 桜通線?今池駅 下車、2番出口より徒歩5分
??Tel : 052-731-9287 ?Fax : 052-731-9281
http://www.g-ham.com/

7/1(日)「新田みかんの総合芸術」炸裂か?

「新田みかんの総合芸術」7/1(日)堂々開催!

坂本プロデューサーの言葉を引用しつつメンバー紹介(坂本のブログはこちらhttp://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/roundaboutkombinat/)。
主役は・・・
民謡からフリーまでこなす天才吹きもの系ミュージシャン
新田みかん
さて多彩なゲストは…
2年の沈黙を破って奇蹟のゲスト出演、喫茶YOUのマスター、
金子敏明(v.,g)。
居合い切りのようなアルトの静寂と咆哮、
柳川芳命(sax)。
東京のノイズロックバンド「魔術の庭」で活躍中、
河合渉(g)。
インスト系アニソンギターリスト美熟女
KEIKO(g)。
詩人怪人時々変人、後藤博(朗読、g)。

ここで極個人的なことを言わせていただくなら・・・金ちゃんと同じ場にたつのは(共演という意味では必ずしもない)かれこれ40年振りだなぁ~。
みんな来てね!!

於 CAFE RESTAURANT & BAR FULL HOUSE
三重県四日市市諏訪町13-3
(1号線喜多方ラーメン交差点の東50m)
前売り¥1500 当日¥2000
TEL/FAX 059-352-4977
sound.jp/yokkaichi-fullhouse



Nothing but "engager"!

柳川芳命主宰『地と図』、 vol.49、vol.50 情報です。
とりわけ vol.50 が注目です。 柳川芳命 solo only

■『地と図』vol.49??
日時:2012年6月23日(土)Open 7:00 Start 7:30?Charge:
¥1,500 (One drink in) 
出演:
?新田みかん(尺八/trumpet/trombone etc.) 小林雅典(guitar) 柳川芳命(sax)



そして Nothing but blow!に応えて Nothing but "engager"! と叫んでしまうのが「サックス無伴奏ソロ」と銘打った『地と図』vol.50??

■『地と図』vol.50??
日時:2012年7月21日(土)Open 7:00 Start 7:30?Charge
: ¥1,500 (One drink in) 
??出演:柳川芳命(sax)??
◆50回記念企画として,ソロ終演後アフターアワーズセッションを予定。
?共演希望者は ji-to-zu@ccn4.aitai.ne.jp まで。?ピアノ以外楽器や機材は持参のこと。ドラムス等大音量の楽器はお断りします。
(←とのこと。姿を現せ、隠れたる表現者!今ぞ時は来れリ)
場所:カルヴァドス?名古屋市千種区内山3-20-6?
phone:052-733-8467
?http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html

速報!!

仁坊夏祭り開催へ

インテルメッツォ通信によると、「仁坊夏祭り」8月第3日曜日に開催する方向でバディ南山が調整に入った模様。
関係筋によると開催場所は今池ヴァレンタインドライブが有力と見られている。
(6月6日)

「街角から」6月5日号

「街角から」6月5日号は郊外ものを中心に。

↓今も現役のお菓子屋さん

↓理容店シリーズ

↓こんなこと言っていいのかな~

↓人生のか?

↓タスポ対応じゃなかった

↓美容院シリーズ

↓元骨董屋さん

↓さりげなく暮らしてらっしゃいます

↓近代建築ファンのあいだではけっこう有名な病院

↓左廻し右廻し、統一はできないものなのか?

↓配達員さんご苦労様ってことか・・・

↓勘違いした東洋趣味の外国人が住んでそう・・・

↓やってみたいぞ

↓洋品店シリーズ

↓駅から丘を一つ越えたところにひっそりと佇んでいます

↓開放的だなぁ

↓巨乳ロリロリ雑誌なんて売ってなさそう

↓これまた組み合わせがいいなぁ

↓売ってそうになかった

↓今度食べに行こうっと

↓上の写真のとなりにある

↓美容院シリーズ

↓理容店シリーズ

↓アングルが今イチですが三叉路シリーズ

↓タイル型にカタオシされたトタン板ってのも今もあるんだろうか?

↓火の見櫓もさることながらこのカラーリングが素晴らしい

先日・・・

先日おしらせした
一ノ瀬大悟デュオ やさ暴#5

『ネコと目つきのワルイ奴らのいる空間で』

(2013/6/3(日) OPEN19:00 START 19:30
予約・前売り?1.800 当日?2,300 三重県鈴鹿市中江島町18-25-18 コーヒーアンドレスト・カレラ 近鉄白子駅すぐ tel.059-388-5075)

と、
7/1(日)に四日市FULL HOUSE で堂々開催の
「新田みかんの総合芸術」

に関する情報は、永久に勝てないであろうゲリラ戦を展開するプロデューサー坂本浩のブログ
「roundaboutkombinatのジオログ」
を見てもらうと最新最速の情報が手に入りますよ~!

http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/roundaboutkombinat/

見つけた、これイイヨ

とあるスーパーで見つけた「かまぼこ屋さんの元気なスナック」がキャッチのスナック、「カリッこいわし」イワシ&黒ゴマ味です。魚類が苦手のT氏「これは大丈夫」とバクバク食べてた。ビールにぴったり。最近のヒット!!

新潟の一正蒲鉾株式会社の製造・販売。
http://www.ichimasa.co.jp/
あと「カリッこわかめ&ひじき」「カリッこえび」もあるらしいがまだ試してない。  

「街角から」5月29日号

大放出の「街角から」5月29日号です(今回も画像処理をミスったなぁ)。

知多の萌えキャラ知多っ娘。のみなさん。順不同・・・というか誰が誰やらよく判らんのだ・・・。美浜恋 大府あかね 知多みるく 内海お吉(変身後) 東浦未来 常滑セラ 武豊乙姫 知多舞子 阿久比ほたる 南知多マリナ 半田酔子 東海しゅう 内海お吉(変身前)

↓気になる!

↓理容店シリーズ

↓こんなところにいたのか、トミー坊や

↓由緒正しい、というか老舗というか・・・。老舗と言えば最近テレビでは「40年続いている老舗」なんてのを耳にするけど・・・違うよなぁ~

島津亜矢は大安売りか・・・。こんなことでくじけないのが演歌魂

↓ROCKに蘭は似合わないと思うのだが・・・いやいやそれがROCK魂か?

↓文化財指定なんてのよりこういったさりげなさが好きさ!

↓賑わうことはあるのだろうか?

↓呉服店シリーズ

↓そうですか

↓今度食べに行こう(ほんと、こればっかりだなぁ)

↓もう酔客の嬌声が響くことはないのだろうなぁ

↓店内にはきれいに商品が並んでいた

↓呉服店シリーズ

↓これも気になる

佐伯祐三か?

↓理容店シリーズ

小出広美の母校さ!


二宮金次郎


↓かたじけのうござる

↓洋装店シリーズ

↓自販機は動いていた

↓固めているのさ

段平だろうな。ドン・キングじゃないはなぁ

↓美容院シリーズ

↓コンビネーションの妙

↓現役ならステキなのに

↓朝、こんなところから牛乳を取り出したいなぁ

↓歯医者が入ってる

↓神道に極楽という概念はあるのだろうか

急げ!

三重県でおそらく永久に報われぬであろう音楽のプロデュースをする坂本浩から、早く言わんかい!のライヴ情報が届きました。

一ノ瀬大悟デュオ やさ暴#5
『ネコと目つきのワルイ奴らのいる空間で』


Opening Act としてシンガーソングレスラー柴田道場's

2013/6/3(日) OPEN19:00 START 19:30
予約・前売り?1.800 当日?2,300

三重県鈴鹿市中江島町18-25-18
コーヒーアンドレスト・カレラ(近鉄白子駅すぐ)
tel.059-388-5075


あーそれと今年も「新田みかんの総合芸術」7/1(日)に堂々開催されるとのこと。こちらも情報入り次第アップして行きます。


私としたことが・・・!

名古屋シネマテークモット・ザ・フープルのドキュメンタリー、『すべての若き野郎ども/モット・ザ・フープル The ballad of Mott The Hoople』てのをやっていた。見逃した!(5/12~5/18だった)。モット・ザ・フープル、好きだなぁ(解散後はイアン・ハンターのソロをフォローしてましたね。今もディスクは共に何枚か手元にある)。実は「All The Young Dudes」(すべての若き野郎ども)は高三から大学の一年まで組んでた我がバンド、第二期 Jushigawa Ridersの最初のレパートリーだった(誰も知らないはなぁ~)。
ところでモーガン・フィッシャーは今でも日本に住んでるらしい。どうりで『Miniatures 2』には日本人が多数参加してるんだな。



見落としてた!

名古屋駅裏のシネマスコーレ井上井月を題材にした映画、『ほかいびと』が公開中だった!気がついたら6月1日までだぁ~、しかも一日一回上映。10時30分~
田中泯井月に扮します。西川右近の山頭火のように目ばっかりギラギラしてたらヤだなぁ~という気がなくはないですが(笑)。
↓公開資料より
芥川龍之介に見いだされ、山頭火に慕われ、つげ義春が漫画に描いた俳人、井上井月の映画化。井月は幕末にふらりと長野県の伊那に現れ、それから30年間、ほかい(寿、祝)を唱えて、家々の安泰を祝福して歩いた。現在残された俳句は1800句。4年の歳月をかけて、井月の謎の生涯を明らかにした。舞踊家、田中泯が井月のたどった道を尋ねると共に、井月に扮して彼の生きざまを再現する。
2011年/日本/119分/ 井月顕彰会、ヴィジュアルフォークロア 配給
監督・脚本/北村皆雄 撮影/金沢裕司 他 音楽/一柳慧
出演/田中泯 語り/樹木希林


坂野嘉彦Live情報

現代音楽作曲家坂野嘉彦
『坂野嘉彦、山田さとし 二重奏 
   傾奇御免 春の章』
を名題にカルヴァドスでライブ!

管楽二重奏で即興演奏します。少ない音数で、限られた音量で、どこまでのポエジーを紡ぎ出せるのか、じっくり考えたいと思います。(←とのこと。坂野氏には今回も呼んでもらえなかった...泣。←笑)。

出演:坂野嘉彦(クラリネット、鍵盤類他)
山田聡(ケーナ、トランペット他)

2012年5月26日(土)
カルヴァドス

名古屋市千種区内山3-20-6
Tel 052-733-8467
open :7:00pm/ start 7:30pm
charge:1,500円 (one drink in)

坂野嘉彦のブログ
http://blog.goo.ne.jp/bashihiko/




やっと発売です

先年11月23日小山彰太をゲストに迎え5Rホールでライヴ録音された音源がディスクになった『悪くない』プティパリレーベルから発売です。
共演者はAzur、谷村武彦、イトウカズヒト、柳川芳命
ライナーは高平哲郎!    なんやかんやあって発売が遅れていたようですが ?2,500(税込) で発売中


「街角から」5月16日号

というようなわけで「街角から」5月16日号です。

↓このリカちゃん、ちょっと欲しいかも

クッピーラムネだ!

今回のベストはこれかもしれない

↓撮影地は東京ではない

↓楽しい菜園

↓で、これがなんというか・・・着る勇気はチョットないが・・・いや着たいかも

ローヤルSビタンってなんだ?

完全予約制のお肉屋さんってのもスゴイなぁ

↓最近多いなぁ。な~んかキナ臭いなぁ

↓良い店名だなぁ~

↓近所の銭湯もとうとう廃業です

↓それにしてもこのネーミングはね・・・

↓東南西北、ポン、チー、ロン

↓理容店シリーズ

↓理容店シリーズ。店内は疑似ロココ調だった。男でもポンパドールにされてしまうのか・・・

↓理容店シリーズ

↓この前掛け、欲しいなぁ


↓ポットとパトライトを繋いでるのは・・・ガムテープ

↓オバアサンと目が合った


↓洋品店シリーズ

↓実に分りやすい

↓ワタクシなんざすぐに通報されそう(べつに不法行為をしているわけではないが、アヤシイっちゃアヤシイからなぁ)

↓・・・

↓こういう感じのレトロと言うかモダンというか、好きだなぁ

↓理容店シリーズ

↓戸外に出しておけば粗大ゴミと思われてしまうよね、近頃は

ブー・フー・ウーか?

↓荒物屋さんシリーズ

三叉路てのも好きだなぁ

もも焼きの良い香りがしてた

↓こちらは廃業してた

↓元はなんだったんだろう?そして今は・・・?

有馬といえば炭酸煎餅とおもってしまうのだが・・・

↓何の特約店なんだろう?

↓洋品店シリーズ

↓洋品店シリーズ

↓作ってもらおうかな

↓ありがちではあるが・・・

↓これもありがちではあるが・・・

↓美容院シリーズ

↓美容院シリーズ

Live 情報&お茶にごし

昨日の激しい風による気温低下で風邪をひいたようです・・・ま。それはともかくLive 情報です。
ご存知、村上等, 新田みかん ,小林雅典 ,アカノシバヒト, 石渡岬らによるその名も「DUO祭り」です。
小生は呼んで貰えなかったが・・・(泣←笑)。

2012年5月25日(金) @ 四日市 フルハウス
tel: 059-352-4977
http://sound.jp/yokkaichi-fullhouse/
start 19:30
当日 1,000円

出演:村上等 (ds), Chabo (g), 新田みかん (etc),小林雅典 (g), マツイアミ (vo), アカノシバヒト (sax),長田康子 (sax), 佐藤シゲル (bass), 石渡岬 (tp) ほか



てなことで「街角から」チョッピリです。
「家シリーズ」です(なんでもシリーズにしてしまいますが)。
↓立派なお宅です。個人的な趣味で言えばもう少し控えめであって欲しいなぁ(何処を押せばこんな発言が出る!?)



「仁坊夏祭り」今年も開催か?

「仁坊夏祭り」の季節がやって参ります。昨年は四日市 FULL HOUSE での「新田みかんの総合芸術」参加が先に決まっていたため不参加でしたが(「エラソーに!」「何様のつもりだ」の声多数でしたが。笑)。で、今年はどうなりますやら・・・開催自体が未定ではあるようですが・・・。開催が決定したらおしらせします。

G.W.の締めくくりに・・・

小生の場合G.W.なんてのはあんまり関係ないのですが、ともかく締めくくりに・・・

↓手つきがステキ

↓どんな服を作ってるんだろう?鋲がいっぱいか?

↓ニコニコウサギがカワイイ

↓部屋ごとに見に行かなくていいから便利

↓この視線の転換はいいなぁ

↓理容店シリーズ

↓理容店シリーズ

↓"KASHIおむつ"は今は"KAMIおむつ"に取って代わられたのか?

↓今はチェーン店が多くなったなぁ

↓世の中"超熟"だけじゃダメなんだけどねぇ・・・

↓使えなかった・・・

↓大昔、コカ派とペプシ派に別れてたなぁ。ちょうどビートルズ派とストーンズ派のように。

↓セキネってどっかに吸収されてその吸収された先も破産したんじゃなかったかな?

↓こんなところにいたのか!

↓こんなところにいたのか!その2

↓店名に思わず"オッ"となって見に行ったんですが・・・

↓アレに似てはいるが・・・

↓店内は軍歌でも流れてるのか?あるいは"GOD BLESS AMERICA"か?

↓美しいのぅ・・・

↓チョットオソロシそうな横町。

↓インスタレーションっぽくていいなぁ

↓どんなコミュニティがつくられているんだろう?

なにげに調子よくない一週間だった

な~んかいまいち調子よくない一週間でした。3日の「レンズ壊し事件」もあったし・・・(結局4日のお昼に広角の単玉を買ってしまったのだが)。で「街角から」5月7日号です。随分以前のものも混じってますが・・・。

↓買い占めようかな?

↓まさか乗り付けたわけではないだろうが・・・

↓理容店シリーズ

↓理容店シリーズ

↓まず現代医学に頼るべきでは・・・と言ってはいけないような雰囲気もあるなぁ

↓人形供養のおしらせなのだが・・・「供養」と「鯉のぼり」は合わないような気がする

↓世の中、白か黒かでは割り切れないものさ

↓久保田早紀のヒットは30数年前だったなぁ・・・

↓ステキかつ立派なお宅だなぁ・・・

↓しかし住むならこちらだ

↓久々にテツの本性をチラリと見せてしまいましょう・・・

↓どっかで見たようなキャラではあるが・・・

↓確かに・・・


↓買わなかったが・・・

↓今はインクビンを使いたい

↓当然(?)進んで行きましたがネ

↓同級生には漁師の(この言葉は使っちゃいけないんだっけ?)息子がたくさんいたなぁ・・・

↓なにを警戒するのだろうか

↓今度買いに行こう


↓10分待ってもよかったのだが・・・

↓こういうの好きだなぁ

↓開けてみたいなぁ

↓撮影地は名古屋ではない

↓タバコ屋シリーズ

↓ネオンの残骸が残るお店はなんだったんだろうか

↓亡母の遺品の中にここの領収書が山ほどあった・・・

↓この裏に地元では有名なプラモ屋があって、昔々12月30日になるとプラモを買い込んで家の手伝いもしないで夜っぴいて作ったものです。

↓4年ほど前にシリーズに入ったもの(原本は1989年)。久しぶりに読み返してた。小泉平蔵(!)の「規制緩和」(そしてそれ以前の国鉄民営化、そして現今の維新ナンチャラ)のアブナサを先取りした内容には改めて背筋が寒くなる思いがします。今こそ読んでください!1988年の幻の「農協」CMポスターもチャンと入ってます。

LIVE information です

柳川芳命主宰『地と図』のおしらせです。
みんなで行きましょう!

■『地と図』vol.48
日時:2012年5月12日(土)7:00 : Open 7:30 : Start

出演:稲葉一将(sax) 中島直樹(bass) 柳川芳命(sax)

■『地と図』vol.49
日時:2012年6月23日(土)Open 7:00 Start 7:30

出演:新田みかん(尺八/trumpet/trombone etc.) 小林雅典(guitar) 柳川芳命(sax)

vol.48、vol.49 共に
Charge: ¥1,500 (One drink in) 
場所:カルヴァドス
名古屋市千種区内山3-20-6
phone:052-733-8467

http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html



「街角から」4月29日号

世間大型連休の始まりに、こちらは大型「街角から」です。というわけで「街角から」4月29日号です。あーそれと映像処理ソフトを換えました。なんとなくエンジンの違いが出ているような・・・。

↓旅館シリーズ。今はこれでしょ!

↓あの有名な店ではない

↓美容院シリーズ

↓美容院シリーズ

↓美容院シリーズ

↓美容院シリーズ

↓美容院シリーズ

↓「ブルー・ヴェルヴェット」の「ベンの店」みたいだったら・・・

↓現役です。

↓コンビネーションがたまんない

↓洋品店シリーズ

↓洋品店シリーズ

↓洋品店シリーズ

↓洋品店シリーズ

↓中からは笑い声が・・・

↓スーパーカブの似合う風景

↓理容店シリーズ

↓昔は町内に一軒はあったのものだが・・・

↓「まるまん学生服」ってのがみえるかなぁ・・・


↓また見つけたよ!


↓今は傘は使い捨てに近いなぁ・・・


↓表札が銅の叩き出しだった



↓かつてこんなアパートがいっぱいあった

↓このメーカーは知らないなぁ。販売店だろうか?



↓どんな模型が並んでいたんだろう?人体模型・・・じゃないだろうなぁ・・・







G.W.を前に「街角から」4月25日号

G.W.を前に「街角から」4月25日号 です。
↓下駄箱の上にいらっしゃるルルドの聖母様(小生、クリスチャンではないが)。

↓もうすぐ我が家の庭はツツジ満開だぜ!

↓誘惑二連発。


↓どうやって貼った?

↓位置関係にチョット戸惑う。





↓見てもらうの、ちょっとコワイなぁ(もっとも、小生、占いには興味ないが)。







↓これ描いたヤツ、いいセンスだなぁ~。

「街角から」4月20日号

十年ぶりくらいでまた乗るようになった自転車にやっと身体が慣れ始めたようです。閻魔様に会う一歩手前で引き返す原因となった血圧も少し低くなって安定しているようです。輪行バッグも買い直し、さあこれからです(何が?)。
てなことで「街角から」4月20日号です。

↓「道場」じゃなく「所」というのはどういう形態をさすんだろう?

↓独り暮らしのくせになんだかんだで12、3本ほどある包丁をみんなきれいに研ぎ上げたいなぁ。

↓「焼き肉」よりも「ホルモン焼き」だ!

↓現役かどうかは不明。

↓こちらは現役。店の奥行きのなさに比して、集う方々の人生の奥行きには深いものがあるんでしょうねぇ(ちなみに「生きざま」って言い方が大嫌いです。そもそも「死にざま」という言葉はあっても「生きざま」という言葉はないでしょうに)。

↓こちらも現役。

↓理容店シリーズ。

↓理容店シリーズ。

↓こちらは美容院シリーズ。

↓洋品店シリーズ(シリーズにすればいいってもんじゃないけど)。トレンドも「次に来る」も関係ないんでしょうね。清々しい!

↓洋品店シリーズ。

↓昔、腕時計を持つのが一つの夢だったなぁ(何十年前の話だ!?)。

↓意外と若い方が店番してたりする(こちらがそうだというわけではないが)。

ありがとうございました2

ご来場くださったお客様から4月14日Live の写真をいただきました。

↓なにやら叫んでます。

↓さて、いかなるが出ているのでしょう...。

photo by K.M.氏

というわけで「街角から」です

Live 明けの今日は自転車でプラプラしてました...。というわけで今日写したばかりのものも含め「街角から」4月15日号です。(画像処理を間違えてしまったようでウツクシくないが...)。

↓ニャンコが見張ってました。

↓凛々しく美しいのぉ

↓どないせえちゅうねん?

↓かなりヘルシーな鮨か?

↓間取りはどうなってるんだろう?

↓「FOCUS」っていうグループがあったなぁ。

↓「紫」ってグループもあったなぁ。

↓理容店シリーズ。

↓これも理容店シリーズ。

↓これまた理容店シリーズ。

↓マルイシの自転車も欲しいなぁ。

↓パナソニックの自転車はあんまり欲しくない(偏見とは分っているのだが)。実は十数年前、パナのマウンテンバイクに乗っていたのだが...。

↓ガッツリ行きたい時にいいかも。

↓なかなかいい味出てます。

↓以下三点、昔日に思いは巡りふとメランコリックに...。



↓六根清浄...

ありがとうございました!

昨夜のカルヴァドスでの柳川芳命主宰、「地と図 Vol.47」、ご来場ありがとうございました!、まずはご報告。

↓Live 前の石渡岬、小生、柳川芳命(下手より)。

石渡岬、小生の Duo で始まり~。

石渡岬、柳川の Duo あと、休憩(休憩という名の飲みタイム。ハハハ)。

↓休憩後、小生のReading に柳川が絡み、石渡が入りTrio へ突入。石渡はTp.を吹きつつ Piano を演奏。演奏後、「アンコールないの?」の声あるも、「やらない」と小生、勝手に決める(笑)。



明日です!(正確には今日です)

『地と図』vol.47

日時:2012年4月14日(土)7:00 : Open 7:30 : Start
Charge: ¥1,500 (One drink in)

出演:石渡岬(tp) 後藤博(gt,reading) 柳川芳命(as)
場所:カルヴァドス
   名古屋市千種区内山3-20-6 phone:052-733-8467

http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html

来てね!

桜は散るのか...

4月14日(土)カルヴァドスでの Live が近づいてきましたが....「街角から」4月11日号です。

↓後ろのポスター、不気味だなぁ~。

↓ナポリタンだ、ナポリタンだ!

↓キン肉マンでは、ない・

↓廃業しているとは思うが...。

↓「のりやん」ですが、シャッターは開いていたが...廃業してた。

↓小女子はウマいよねぇ~。

↓?

↓シャイなブタさん。

↓捨てられなかったとみえる。

↓桜だ桜だ。

↓みんな集まってるのかな?

↓わかりやすい!

↓モダンな換気口。

↓ウィンドウには学生が着るには相応しくないものがディスプレイされてたぞ。

↓「心にカギ」を掛けたら閉じこもっちゃうんじゃないのかなぁ~。

↓活気ある生活があったんだろうなぁ。

↓....

↓結構わかりにくい案内地図。

↓「うっ」というのが妙にカワイイ。

↓専門店ではないのだろうが...。

↓由来を知りたいなぁ~。

大丈夫か?

また自転車を買ってしまった...。これまた大したものではないのですが...BRUNO MIXTE(ブルーノ ミキスト)
チョイ乗り用にと思って...。悲しみは限りなく、はアル・クーパーだった様に思うけどワタクシの場合、物欲は果てしなく...。

Frame : Original Steel Butted Tubing
Fork : Original Steel Tubing
Brake : Canti Brake
Tire : 20" X 1.50
Rim : Weinmann Original Polish Rim
Shifter : Shimano revoshift(8SPD)
F.derail : Non
R.derail : Shimano RD-2300
Gear : HG50-8SPD
Size(c-t) : 430mm

結局

妙テケレンな荒木由香里作品がやってきてしまいました。今、スピーカーの上にいます。


春の嵐の後に

「春の嵐の後に」なんてタイトルを付けたのだが...「春の嵐」も「嵐の後に」も関係ないものばかりです(笑)。ま、とりあえず「街角から」4月5日号です。

↓大須で納屋橋。

↓花の形で消された「たこやき」の文字。

↓新体操か?

↓何をしてて迷ってしまった?

↓ここも閉店してしまった。

↓何を感謝しておるのか、も一つ判らない・

↓面影が残るなぁ。

↓夜に咲く桜。

↓数年ぶりに会った、滋賀県知事と大学時代友人だったらしいインテリ無職オヤジが背後に迫る。この後、頭をナデナデされる(!?)。イトウカズヒトの店にて。

昼間の×××も悪くはないぜ & おしらせ

昨日(4月1日)、小山彰太名古屋の即興演奏家たちとのコラボレーション(デュオ集)のCD「悪くない」(Azur主催プティ・パリ・レーベルより近日リリース)の発売記念コンサートに行ってきました。
出演は小山彰太(ds) Azur(vl) 谷村武彦(gt) イトウカズヒト(vl) 柳川芳命(as) 坂野嘉彦(鍵盤/cl)樽本里美(箏)
13:30開場、14:00開演ということで昼のビールは効くぜ。Duo中心にコンパクト目に6セット。最後は小山のsoloのオマケが付いた!

それと...記事の最後に、柳川芳命主宰の『地と図』シリーズvol.47のおしらせもあるよ!

↓シャンソニエール 西山伊佐子のお店、「シャンソン・ド・ブーケ プティ・パリ」

↓フライヤー、慌てて貼ったな?

Azur、小山彰太


坂野嘉彦

イトウカズヒト

柳川芳命

↓柳川芳命、谷村武彦。

坂野嘉彦、樽本里美、イトウカズヒト

Azur、樽本里美

↓で、ここからは市内某所での打ち上げ風景。十一代金原亭馬生の色紙が掛かる座敷なのだが...フレンチの店(先代の馬生なら良いのに...ま、これはイチャモンに近いですな)。打ち上げの後は柳川妻運転の車に小山と乗り込み、小山をホテルへ送ってから名駅で降ろしてもらう。
スプーン曲げでもやるのか小山彰太?(笑)

谷村武彦、録音技師氏

Azur、イトウカズヒト

イトウカズヒト、樽本里美、坂野嘉彦

柳川芳命、Azur

↓寝ているのか?イトウカズヒト


ご存知、柳川芳命主宰の『地と図』シリーズ
その vol.47 近づいてきました!
『地と図』vol.47

日時:2012年4月14日(土)7:00 : Open 7:30 : Start
Charge: ¥1,500 (One drink in)

出演:石渡岬(tp) 後藤博(gt,reading) 柳川芳命(as)
場所:カルヴァドス
   名古屋市千種区内山3-20-6 phone:052-733-8467

http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html

言語で語る,あるいは旋律で語る。
ナンセンスの中に垣間見た「意味」が琴線に触れる瞬間,
思わず照れ笑いするそのコードを侮らない,そんな私たちである。


来てね!

ありがとうございました!

昨夜(3月31日)小山彰太を迎えてのLive @ FULL HOUSE 、ご来場ありがとうございました!二人の純粋な青年(かような音楽初体験!)の人生を狂わせたかもしれない(笑)。まずはご報告。

狂乱のライヴを予感するかのような春の嵐の近鉄四日市駅前(後できいたら小山さんはJRで来て近鉄駅前のホテルまでスネアとシンバルを抱えて歩いた由。結構距離あるんだなぁ、これが)。

↓ダンス、パフォーマンスについて話す鈴村由紀、アタシヨシコ

↓リハーサル中の小林雅典、三木勇、大岡英介

↓幕開けは一ノ瀬大悟、小林雅典、三木勇、大岡英介


小山彰太、鈴村由紀。この日一番ウケたかもしれない。いやぁ~一年待ったかいがあった!(先回オファーしたのだが色々あって...)。



小山彰太、三木勇のduo。このあと一ノ瀬大悟、アカノシバヒト合流。一ノ瀬アカノも気持ちよさそうだったなぁ(ということは小生、いつも二人には無理を言っているのか!?)。で、この後、パフォーマンス陣を除いて全員参加の疾風怒濤!


アカノ、三木、小生のセットで(自分じゃ写真は撮れないので...映像は無し)パフォーマンスを繰り広げてくれた、アタシヨシコ from Kyoto。

大岡英介と謎(?)の美女

鈴村由紀と大岡英介

三木勇

↓ビールを飲む小山三木

いよいよ今日、7時から !!

元 山下洋輔 3のドラマー、
小山彰太を迎えての
表現の饗宴、
Live @ FULL HOUSE
今日7時スタートです!


3月31日(土) @三重県四日市市諏訪町 1 - 33 FULL HOUSE
前売り ?2,200 当日 ?2,500
電話予約をご利用ください

明日です!

元山下洋輔3のドラマー、小山彰太を迎えてのLive @ FULL HOUSE
明日です!


3月31日(土)
@三重県四日市市諏訪町 1 - 33
FULL HOUSE
前売り ?2,200 当日 ?2,500
電話予約をご利用ください
 → 059- 352- 4977

来てね!!


花の便りもあるよ

「街角から」3月29日号(解像度等を変えてやってみたので画像の出がいつもとやや違うなぁ)。
ということで花便りから。

花見だ花見だ!

↓智恵子は都会には空がないというのだが...

↓こういったものも変動相場制なのか?

↓ここで幸福は見つかったんだろうか?

↓久々の「旅館 ちんや」登場!行灯の支持具なのだろうな。

↓ここで食べてみたかったなぁ。

↓久しぶりに魚フライ定食を食べた。ここ、どれもいい味なんだよね~。移転前の FULL HOUSE でライヴがあると出演者も観客もまずここで腹ごしらえして次に YOU で一息入れて...というパターンでしたね。

↓昔、ロック喫茶のようなものがあったような記憶がある。

↓最近はプラプラ歩きの途中で呑むことがめっきり少なくなったなぁ(弱ってるなぁ)。

↓ライトがいいね!

どこかのクソ生意気な蕎麦屋(あそこだよ!)よりアタシャこういったところで手繰りたいねぇ。

↓この「HI C」も見なくなったなぁ。

↓歳のせいか最近は畳の上での生活がしっくりくるんですよね...。

↓皆さんお気づきでしょうが(笑)残った、あるいは残された看板が好きなんだよねぇ~。

↓テープの色に何か意味はあるのか?

Live間近にプラプラさ!

小山彰太を迎えてのFULL HOUSE Live がひかえているというのに(3月20日の記事を見てね)セットプランも考えずに(あ~!)プラプラしてます。
で、「街角から」3月28日号です。

↓ちなみに我が家の台所には鰹節削り、あります。

↓ぜひとも煙草を買ってみたいぞ!

↓いいなぁ。

↓駄菓子屋だったのだろうか?

↓どんな本があるんだろう?

↓「ゆとり」と読むんだろうなぁ。

↓HARUTAのローファーがあったに違いない。

↓コーヒーとトーストだな。


近づいてきました

3月31日四日市FULL HOUSE での小山彰太を迎えてのライヴが近づいてきました!
待ってるぜ!


いろいろ

まずは3月17日「地図vol.46」のご報告から。
場所はご存知、名古屋千種のカルヴァドス
演奏中は撮影しないんでもうひとつ判りにくいのだが....。
大門力也(g)&柳川

大沼志朗

一ノ瀬大悟(b)&チョット良く見えないんですがピアノの前に山沢輝人(ts,flute)がしゃがんでいます。

浅川マキ1982年京大西部講堂ライヴの音源がCD(2枚組。1枚の収録時間は30分そこそこ....)になりました。80年代からのマキは...といいつつやっぱり買ってしまうんですねぇ。


ここからは「街角から」3月20日号
↓チョット怖い。


↓破れてしまった幸福か?


↓もうすぐ喰われてしまうのさ!



↓残してあるってことは祟りでもあるのか?

↓きちっとしたノブがついてます。


↓理容店シリーズ。


↓なぜ?しかも子供服用ハンガー。



↓産地直送の野菜を使ったお好み焼き&焼きそばか?

↓ハイビジョンテレビという店名か?んな訳ないですよね。

ドンドン行くぜぃの「街角から」3月15日号

ドンドン行っちゃいます、の「街角から」3月15日号

↓知る人ぞ知るっていうかみんな知ってる大仏様。

↓なんかハードコアっぽい。



↓風に舞うアルミ・シート。しかしなんなんだろう?




↓外に出しっぱなしなんだよね~。

↓確かにラーメンも丼に入ってる。

↓これが「コロッケちゃん」だ。

↓「コロッケちゃん」のドアに描かれた、なんと言えば良いのか....。



↓ジャームッシュみたいだなぁ。


↓確か廃墟の町にも手紙が届くのはディランだったと思うけど果たしてここに手紙は届くのか?

↓スキットルに入れたブランデイをチビチビやりながらグールモンなんぞを読みたいなぁ。


↓コントラストがポップだなぁ。

↓○○公園撮影会なんてのがあってもまず入選しないだろうなぁ(出品する気もないが)。

ガンガン行くぜぃの「街角から」3月10日号

ははは....ワタシの中で何がどうーなったかはよくわからないのだがガンガン行くぜぃの「街角から」3月10日号
それはそうと庭に咲いてるのは椿なのか山茶花なのか?亡き母が植えてったものだし、小生、食べることのできる草以外、詳しくないので(それに関してもいい加減なモノですが)よく判らん。開花時、散り方、葉の様子から椿だとは思うのだが交配もあるしなぁ。

↓おそらく全国にある○○小路の一つというくくり方では、おそらく何も見えてこないんだろうなぁ。

↓ミント色の家ってのもステキだなぁ。

↓何もイヴェントがなくても花っていいよねぇ。どなたかワタクシに無意味に花束ください!

↓下ネタへ傾斜して行く予感....。

↓旅館シリーズです。




↓時計が意味深...かつ店名がねぇ...。店名から感じるのは、料理はどーってことなさそうだなぁ...ってこと(違ってたらゴメン)。

↓かつては「ねぇ、アンタ...」なんてあったんだろうか?解る人には解る、この店構え、おそらく....。

↓ポップなコロッケ屋さんです。


↓言う事なし!

↓なんなんだかよく解んないんだよねぇ~、アングルによってはもっと香ばしいモノが写せたんですが。


↓あるんだなぁ~。

「街角から」3月9日号

「街角から」3月9日号です。撮影地、ナイショ。

↓なにかなぁ?鍛冶屋さんかな?それはそうと「鍛冶屋」ってのはPC.的に使っちゃイケナイのだっけ?

↓店内に砥石が山のように積まれてた(あたりまえか?)。今度買いに行こう。

↓天ぷら定食と刺身定食がおいしそう(あるかどうかは知らないけど)。

↓きれいな色のシェトランドセーターが欲しいなぁ。

↓理容店シリーズ。

↓「風邪のため」お休みだった。

↓廃業してました。

↓女傑の女将がいそう。

↓また見つけた。夏になるとホテイアオイが浮かぶのかなぁ。


「速報(?)」追伸

「サハリンの灯は~」云々ってのは”ザ・ジェノバ”「サハリンの灯は消えず」でした。

速報(?)

庭の椿が咲きました。
で、雨に濡れた椿です。




「街角から」3月4日号

どうにも止まらないのか?「街角から」3月4日号です。

↓スマヌ、意味わからん...。

↓どういうところにニーズがあるんだろう?わかるような気もするが...。

↓カン・ペット専用だろうが...?上だからいいのか?

↓営業中の「日の出食堂」。

↓実質はそーゆーことなんだろうが例のスポーツ車を買うならスバルだ!

↓小生にとってセキスイといえばハウスよりもまずポリバケツだ!

↓籠盛のメガ盛り、誰かくれないかなぁ...。

↓「サハリンの灯は..」って曲があったなぁ...。例のプーチンの発言は裏、有りまくりなんだろうなぁ、北方領土だけでなく...。

こんぐらちゅれえしょん!

我らが YOU が今日((3月3日)、開店38周年だ~!!

↓花に囲まれたカネちゃん。

何処まで行く?物欲...

自転車を買ってしまった...。大したものではないんですが....GIOSのAMPIO
病気の後、運動らしい運動をしていなくて(フラフラ歩き回ってはいましたが)情けない話ですが足腰の衰えがこのところ相当ヤバい状態になってきたのでさすがになんとか...と思い立って買ってしまった(実は自分自身への口実でもあるのだが)。
↓GIOS AMPIO。カラーは当然、GIOSブルーを選んだはさ!

フレーム:GIOSオリジナル 4130 Cr-Mo スペシャルチューブ
フォーク:GIOSオリジナル Cr-Mo フォーク 1"
F/ディレ-ラ:シマノ FD-R440
R/ディレ-ラ:シマノ RD-3400SS
タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO 700×25C
ブレーキ:テクトロ R350
重量:10.3キロ


次はリトルカブだぁ~

Live 情報& 「街角から」2月29日号

3月31日(土)小山彰太を迎えてのLive 情報です。
éclats
未体験の表現が日常を撃つ。
遊撃手、小山彰太のもとに
表現のパルチザン、参集。

小山彰太 drums
鈴村由紀 performance
一ノ瀬大悟 bass
アカノシバヒトsax
小林雅典 guitar
三木勇 drums
大岡英介 guitar, electronics
後藤 博 guitar,recitation

@三重県四日市市諏訪町 1 - 33
FULL HOUSE
前売り ?2,200 当日 ?2,500
電話予約をご利用ください
 → 059- 352- 4977





ここからは「街角から」2月29日号です。
↓子供の頃、竹ヒゴで作るゴム飛行機を買いにいったものさ。


↓ワタシも食べたい。


↓おもいでボロボロとはこのことか?


↓本当の店名はナンなんだ?

↓ロッポニカ、がんばれ!


↓「日の出食堂」、営業してた!






プロフィール

space_lacs

存在の居心地の悪さを綴った文言を
叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。
大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか…
通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。

アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
カテゴリー
記事検索
  • ライブドアブログ