space lacsのblog

存在の居心地の悪さを綴った文言を叫び、抱えたストラトにも何やら叫ばせるインプロヴァイザー(?)。大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか…

今日のペシミズム

 今にして思えばブッシュ・ジュニアってのはとんでもない「切れ者」だったのかもしれない。なにせオールマイティとも言える「テロとの戦い」というコンセプトを打ち出したのだから・・・。「テロとの戦い」という「御旗」を奴らと奴らと奴らは免罪符としております。テロとはそもそも・・・いえいえやめましょう。

 それはそうと明日は柳川芳命の『地と図』なんですが・・・またしても左手の指を切ってしまったのでギター抱えて乱入もできず(おまえのアレに指の微妙な動きが必要か?なんて言わないことw)、あ、勿論、柳川のソロをタップリ聴きたいというのはありますが、それ以前にたった今、またしても町内の義理事が舞い込んで参りました。なにせワタクシが最年少というトンデモナイ町内会ですので・・・ワタクシの明日もわからぬが数珠の在処もわからぬぞ・・・

今日の物欲

さてさて今日の物欲は・・・昨日買ったカトラリー。
新潟燕振興工業株式会社という固い社名のところから出ている ”equbo”というカワイイ名前のシリーズ。画像でポチッと見えるのがエクボです。昨日買ったのはナイフ、フォーク大、スプーン大。リーズナブルで、よし。

(画像は燕振興工業株式会社H.P.より)

やっと台所を片づける気になった夕暮れに

やっと台所(断じてキッチンではない)を片づける気になった夕暮れに、いやその前に「街角から」8月15日号だぁ。

↓今日はAMPIO号でフラフラと

↓「お浄土」でなくて現世で輝きたいものです(こんなこと言ってるからダメなんだろうなぁ・・・)

↓南隣の町の夏祭り用の、はっきり言えば酒盛り所です

↓美容室シリーズ

↓なんなんだろう?

↓布団屋シリーズ

↓7/21日、「新田みかんの総合芸術#3」に出演の渚れもん行き付けの居酒屋

↓入って「癪」にさわらないことを望む

↓このお店はねぇ~・・・

↓良い店名だなぁ

↓良い店名だなぁ 2

↓タコに弱いワタクシ

↓機械屋さんシリーズ(いいキャプションが思いつかないとすぐ「~シリーズ」で逃げますw)

↓素麵と言えば大矢知金魚印だ!

そしてそしてそして

子供の頃、町角ではときおり傷痍軍人が「異国の丘」を奏でていた。
友人の家の仏間には若い軍服姿の遺影があった。
学生時代、シベリア鉄道(!)でヨーロッパへ行こうとしてどうしても足りない分を親戚中に奉加帳をまわした時、優しく何かと味方にもなってくれていた上から二番目の伯父に殴られた、「俺の目が黒いうちは一族の者がロシアの土地を踏むことは絶対許さん!」。伯父はシベリアに3年半抑留されていた。そして戦争の話は一切しなかった・・・そしてそしてそして明日は「終戦記念日」

あ~それと

あ~それと、隠していたわけではないのだが・・・。知ってる方はとっくに知ってらっしゃるだろうから余計なお世話だろうと思ってたんですが・・・
「猟奇王」でお馴染み(?)の川崎ゆきおのページの紹介です。
プレイガイドジャーナル社刊の「猟奇王」はどっかへ行ってしまいましたが、とりあえず、「夢伝説 」は幻堂出版の「夢伝説 幻堂ヴァージョン」で買い直しました。個人的なことはともかく、
走れ!(これでニヤリとしたあなた、そうだ走らねばと思ったあなた!お仲間ですなぁ)以下へ!!
何篇かの猟奇王も読めるぞ!

http://kawasakiyukio.com/

やっぱり

赤いダッフルコートを着てヘッドホーンで聴くのはsoul music さ!早く寒くなると良い・・・

↓赤つながりで、そしてベーコンつながりで(つながってんのかな?)・・・この画、好きなんだなぁ~(今回、豊田には来てないけど)
"Three Studies for Figures at The Base of a Crucifixion" (Tate Britain, London)より

最高気温予想が出た日のいろいろ、「街角から」8月11日号

最高気温予想が出た日の(暑かった~)ことなどいろいろ、「街角から」8月11日号です。

↓美容専門学校の娘chanたち

↓普通のスナック、クラブってことでしょうね

お車様第一のお土地柄だから・・・意識改革からなんだろうな

↓語尾で何処の地方かすぐ分る

↓そしてフランシス・ベーコン展に行ってきた。最初に展示してある2点を観るだけでも入場料を払う価値あり。他に土方巽の「舞踏譜」もあったのだが・・・。6月のオープニングに田中泯が踊ったのだがワタクシは行っていない。

↓ヨシズの保管法も時代によって変わるんだろうなぁ

↓ワタクシのことか?

↓どうもこれからオバチャンの時代が来るような気がする

↓スポーツ誌でよく見るアレですが実際に見るのは珍しい

↓はい

↓元薬局

↓安い!

↓現役

↓カワイイ

Pringles「グルメコンソメ」という新製品(?)のキャンペーンガールchan。試供品をもらった。

↓ポスターであっても存在感あるなぁ

↓もはや正気の沙汰ではありません

とんでもない気温予想の日に「街角から」8月10日号

「自己責任」という言葉を振りかざし他人を罵倒しまくってたくせに御自分のこととなると口をつぐむどころか論点が違うなどと開き直ったフリーアナウンサーのおさまり返った顔を見ていや~な気分になり、そして安倍もいよいよやりたい放題やり始めたなと暗澹たる気分になり、そしてまたとんでもない気温予想の出た日に「街角から」8月10日号です。

↓このあたり、カメラを変えた結果ですなぁ

↓落とし物としてもどうすれば落とせる?

↓毎度ながらこういうのがあったとは知らなかったなぁ

↓もはやデフレがどうのというのを突き抜けてますね

↓毎度ながらこういうのがあったとは知らなかったなぁ 2

↓サニーレタスではなくネギだ

↓このあたり、カメラを変えた結果ですなぁ 2

↓この地方出身で人気急上昇中・・・ということだが、誰だ?

↓ジッチャンとバッチャンが扇風機の前でNHKのど自慢を見ながらひやむぎを食べているに違いないと思うのは偏見か?

体温を越える気温予想の立秋に「街角から」8月7日号です

立秋だというのに体温を越える気温予想の中で(体温を越えちゃいかんよなぁ)「街角から」8月7日号です。

↓こういった風景の中に設置された自販機はなぜか哀しい

↓強気のコメント

↓撮影したのはほんの数日前なんだけどなぁ、「冬の恋人」か・・・

↓なるほど。カワイイからその場でチョウダイって言っちゃうはなぁ

↓こういう乱雑さが好き

↓影が映ってます。

↓やっちまったな

↓こういう乱雑さが好き2

↓はい!

↓偏見なんだろうけどベジタリアンの人ってなんか暗いんだよね

↓祭りの基本はこうなんだろうな

「奴らを高く吊るせ」ってクリント・イーストウッドの映画があったなぁ

↓駐めてあるのか邪魔だと思われたのか

↓某スーパーのように「お客様の安全のため」なんて変にへりくだった言い方より良いなぁ

↓これも浴衣か?いや「ユカタ」なんですよね

↓カラスは「鳩のエサ」も食べると思うんだが

↓初めてAMEMIYAの「冷やし中華はじめました~」を聞いたときは爆笑でした

「様々な意匠」ってか?

↓コンポジションだなぁ

↓現役かどうか未確認

↓お美しいなぁ

↓このさりげなさがマキなんだろうな。別に無理に聴いてもらわなくっても良いよって感じで。しかし冴木杏奈と比べちゃイカンw

一ノ瀬 DUO LIVE 速報

8月4日、四日市 FULL HOUSE での一ノ瀬デュオ LIVE 速報です。

四日市祭りで賑わう市街を歩きメイン会場を抜けYOU へ向かっていると前方からやってきた車が急ブレーキで止まる。なんだなんだ?プロデューサー坂本マリリンでした。なんで分ったんだろう?クロップドパンツ、爪先と踵に赤いレザーをあしらったスニーカー、シトロエンのロゴをプリントしたTシャツに臙脂地にマーガレットのプリントのアロハを羽織ってストローのハットを被りバッグを提げカメラを持っただけの格好なのに・・・?ま、それはともかく坂本の車で YOU まで送ってもらう。いつものようにグダグダした後、FULL HOUSE へ。

↓オープニングアクトは新日本プロレス系列の団体を主宰する
柴田道場'z

↓爽やかな笑顔

↓時にはシャウト


↓で、一ノ瀬DUOもルチャ・リブレ風に覆面です

↓白熱というかなんと言うか・・・

↓寺内たけしの残像かヘビメタのくすぶりか

↓負けず嫌いなんだから

↓果てはウェイトリフティングならぬ、なんと言えば良いんだろう?

↓基本的にはマジメに演奏してるんですよ。誤解なきように

↓決して怪しい祈りではない



↓そして恒例のパフォーマンス!


↓で、結局、呑む

↓何度も言いますが基本的にはマジメに演奏してるんですよ。誤解なきように

↓ちょっとフランシス・ベーコン風に狙ってみました


↓まだやるか。でも何度も言いますが基本的にはマジメに演奏してるんですよ。誤解なきように



↓アンコールも終わったところでウエノさんのバリバリの四日市弁、「オマエらこれで帰れると思とったらアカンぞ」

↓で、アンコールのアンコールも終わって、おつかれさまでした!ウエノさん「ベースとギターゆうことでHOT TUNA みたいなもんかと思っとった」とJefferson AirplaneのTシャツを着ておっしゃいました。

咳が止まらぬ・・・

ジョン・ケージの「4分33秒」を練習するのにスタンウェイのフル・コン、買っちゃった・・・言ってみたいものです・・・

あ~行ってきた

HAM での新美泰史個展、「意味が生まれる少し前、意味が生まれた少し後」オープニングへ行ってきました。
その後はいつものJAZZ Bar へ行ったんですが、入り口に「本日、JAZZは8時までです」の張紙。どういうこっちゃ?いやなに、理由は知ってるんですがネ w。・・・などと言っているうちに咳が止まらなくなってきた・・・大丈夫か?


新美泰史の作品

↓コレクターと話す作家の三輪美津子

↓そしてワイワイ、ガヤガヤ

↓病が再発したと電話で告知してくれた作家の栗本百合子が遅くなってやってきました。「製作している方が調子が良いのよね」とは本人の弁。


ああ忙しい(?)

今日(3日)
HAM 新美泰史の個展、「意味が生まれる少し前、意味が生まれた少し後」オープニング
明日4日は四日市 FULL HOUSE一ノ瀬大悟デュオのライブ・・・なのだが・・・タワケくそタコ踊りを見ずにFULL HOUSEへ辿り着けるのか、はたまた帰途につけるのか?その他もろもろあって、さてさて・・・

いえいえ・・・それと

「国語力があればわかる」と援護射撃した方もいらっしゃいましたが・・・ワタクシは国語力が無いのでさっぱりわかりませんなぁ~。
いや、あの人はここで特攻的に自爆することで今の日本の閉塞的な状況を打破し活発な議論を喚起しようとしたのかも?そうだとしたら双方にとって「英雄」だぁ~w
「英雄」といえば、世でブラック企業と言われるあの企業の総帥も当選の暁には集中砲火を受けることを覚悟で立ったのか?そうだとしたら「英雄」だぁ~。そうでないとしたら、ただのバ◯・・・w

あ~それと、またウットウしい季節がやって参りました。街中にはウットウシサの予兆が出始めました。不機嫌が続く・・・そして誰かここから救ってはくれまいか?ただただ逃げるしかないのか?はてさて何処へ? Anywhere out of the world.....音量を絞り遠くから聞こえてくるようにして古いタンゴを流していると夜が永遠に続くような気になる(ちょっと前の、と言っても随分前ですが、「タンゴ・アルヘンティーノ」ブームはヤナものでしたね・・・。そして私はピアソラが好きではない)。ウットウシサの予感に震えるあまりか何を言ってるのかよくわかんないなぁ・・・

久しぶりに「街角から」

久しぶりに「街角から」です。
実は新しい(?)カメラを買ってしまって・・・設定をゴニョゴニョやってるところですが・・・それはともかく、「街角から」です。カメラが変わると撮り方も微妙に変わってきますね(そんなものわからんぞという声も聞こえてきそうですが。w)。では・・・

↓なにゆえ「きしめん」

2012年01月02日「街角から」オモチャ屋さんです

↓うなぎ、好きなんだけど・・・

↓そのとおりだ!

↓熱中症対策に良いだろうなぁ

↓どうやって自動車を出すんだろう

↓手当たり次第捨ててるんだろうな

↓一瞬、カメラが20円と読んでしまった

↓親切

↓欲しいなぁ

↓これも親切

↓結構カワイイ

↓カラフル

↓これまた親切

↓キャラから自衛隊のスタンスがわかる?

カメラ娘だが向こうから見ればこちらはカメラオヤジ

↓わかりやすい

↓この辺りがカメラを変えた効果か?

↓誰だ?アニソンの田村ゆかりだろうな

7/21(SUN)「新田みかんの総合芸術#3」ご報告 : 改訂

7/21(SUN)「新田みかんの総合芸術#3」ご報告です。
豪雨にたたられることもなく新田みかんワールド全開の一夜でした。そして恐ろしいことに小生はトリのセット。出世したもんだぜい(客がイヴェント途中で帰らないように、との話もある)。それでは・・・(いつものことながら小生のステージの様子は・・・ない)。

貝殻節リハーサル中の今井くるみ、新田みかん、小林雅典

渚れもん小生

↓気合いを入れているマリリン

↓カープかよ・・・。後ろ姿はパーカッションの千春。ギターはタカトシ

↓リハ中の「ちょいふる」

「ちょいふる」のステージ


↓ヴォーカルはシンディ

↓マーチングでステージを降ります。一番手前はピアノのJUNKO、次は千春、そしてギターのタカトシ

渚れもんのステージ。今夜も想いは貴男を巡り・・・歌いますは「愛はまぼろし」そして「恋に破れて」

↓チャイナドレスに着替えたマリリンプロデューサー坂本

新田みかんの別ユニット、ウルエ

今井くるみ貝殻節

今井くるみの私服・・・・・・・

↓くつろぐ白鶴

小林、アカノシバヒト。二人の奥に見えるのは急遽出演が決まった真野一彦

アカノ、今井、小生

FULL HOUSE でのイヴェントには無くてはならないウエノサン

お約束。YOUでの打ち上げ(もっとも4人だけだったが)。一番奥は精魂尽き果てカウンターに突っ伏すマリリン。次はシンディ。腕だけ見えるのはプロデューサー坂本。そして黙々とビールを注ぐカネちゃん


で、オマケ(?)はアカノシバヒトが撮ってくれた写真。今井くるみ小生スタンスの違いを表しているなどと深読みしてはいけないよ(笑)。アカノ奥の女の子を狙ってただけかもしれないし(笑)。

それでは

それでは7/21(SUN)、
「新田みかんの総合芸術#3」で会おう!

またやるのかよ!?

三重県は四日市で今年も「四日市JAZZフェスティバル」が開催されるようです。

「市民はもちろん、お隣の市町村のみなさんにも気軽にジャズをはじめいろいろな音楽を楽しんでいただこうと、近鉄四日市駅周辺の店舗前や路上、カフェ内などで、プロ、アマ問わずさまざまなミュージシャンが演奏を繰り広げます。当日は、ライブハウスでもステージ演奏が行われ、自由に出入りができますから、街なかが音楽であふれるイベントとなります!」だそうです。

オーディションなんかやるんじゃないよ!なにを◯◯の穴の小さいことを・・・今年も私は行かないだろう。その日は四日市駅に降り立つこともないでしょう・・・

「新田みかんの総合芸術」といえば

「新田みかんの総合芸術」といえば坂本プロデューサーから最終メッセージが発信されました(ほんとに最終かな?)。いつものごとく句読点なしの読みにくいったらアリャしないメッセージです(お前の言ってることとどちらがわかりにくいか?と問われれば自信を持って坂本の方だと言い切る自信は・・・ない)。そして昨夜夜遊びしているときにお気に入りのシャツを破いてしまった・・・これは吉兆なのか凶兆なのか・・・。では坂本プロデューサーからのメッセージをどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新田みかんの総合芸術 7/21 告知サイト更新です。

雑居ビルのてっぺんに住んでいますとエレベーターがないので歩きで階段をダラダラだらだらと上っていくわけですが階段を上がるごとに温度も上がっていくのがてめえの身体が高性能な温度計になったみたいに体感できます数年前に迷い込んだ酔っ払いのオヤジが山積みのダンボールに顔面を突っ込んで健やかに眠っていたあのときは起してごめんー自室のドアを開けたらそこはもう大げさでもなくボイラー室のような息苦しさで着てるものを脱ぎ捨てるのももどかしく着衣のまま水シャワーを浴び体を冷やそうとしますが水もぬるま湯のような水温で韓国製エアコンはとうに半死にですので冷気めいたものがときおり気のせいのようなちからで吹いてくれるのですー霊能&タロット占い師の肩書きを持つおねぇーさんにあなたはですね結局ダメ人間なんですねと心が解放される烙印を押されてしまったわたしは太陽のせいでヒトゴロシをしたフランス産小説の主人公の気持ちがよくわかるようになってきました不条理とは関係なくこんな倉庫とゴミ屋敷のハーフ&ハーフで構成された部屋に何かのときそうそうEDGE崖っぷちのときラーメン屋でラーメンを食わずビールとチャーシューだけオーダーした新田みかんに泊めてほしいと言われたことがありましたが不条理は関係なく暑さのせいで新田みかんと関係でも持ってしまったらと恐ろしいイメージがあたまを掠めます
新田みかんの総合芸術が迫っていますが何も決められません何も決めようという気にもならないこれは不条理です当日まで本番が始まっても流動的ですが告知サイトは最終更新して画像数点を追加しました個性のかたまりの連中はやりたいようにやって唐突に終了するでしょう今回のおいしいセットだけはラストに設定しました後藤さん以外のゲスト出演者はみんな我がまま気ままですがラストにご出演される面々に注目です

暑いhttp://everevo.com/event/6392

熱気すら感じるセールを見ながら

駅前のセールでごったがえする熱気すら感じる雑踏の中をMott The Hoople の Saturday Gigs を聴きながら歩く。想いは果てしなく目の前の熱気から遠離って行く・・・

"Do you remember The Saturday gigs ? We do ,we do...."。
「あの土曜のギグを覚えているかい?俺たちは覚えているさ、覚えているとも」

なぜこの曲を聴きながら歩きたくなったんだろう?思い出がすべて美しくなるわけではないとは知っている筈なのに。そう、若いというにはあまりに愚かだったあの頃。愚かというにはあまり何かを信じようとしていたあの頃。一瞬の眼差しさえ信じるに足ると思えたあの頃。決して幸福ではあり得ない行く末を予感しながらも走リ出そうとしていたあの頃。明日なんて怖くはなかったあの頃。

"Do you remember The Saturday gigs ? We do ,we do....。
Do you remember The Saturday gigs ? We do ,we do....。
You got off on those Saturday gigs
And we did, we did
And we got off on those Saturday gigs
And you did, you did...."

Do I still do The Saturday gigs ?

そして「新田みかんの総合芸術#3」は
7/21(SUN)


あまり言ってはイカンのだが

あまり言うとますます衰えを自覚してしまうことになってイカンのだが、実は先週木曜日、プチ熱中症っぽくて(前の夜、エアコンを変な設定にしたため)メチャ苦しかったのだが(熱中症なんて初めて)…「飲む点滴」とうたった大関のワンカップ甘酒が効いた(面白そうだな、と買って置いたもの)。




カオスを突きぬけ歓喜に到れ

「新田みかんの総合芸術#3」接近中!
いよいよ7/21(SUN)です。

****************************************


************************************

坂本から届いたフライヤー

新田みかんの総合芸術#3
7/21(SUN)
今夏も開催!

多彩なゲストを迎えて最新型:新田みかんプロジェクト
アニソン.歌謡オン・ステージ.インプロなど
予測できない流動的なゲストとプログラム


@FULLHOUSE 四日市市諏訪新道沿い

OPEN 18:30 START 19:00
Charge ¥1500 当日¥2000 

予約・お問い合わせ 059-352-4977

★ちょいフル★懐かしのアニメソングヒットパレード!
新田みかん(尺八,三味線.Tb.他)
シンディ  (Vo)
マリリン (MC.コスプレ.打楽器)
白鶴   (ホィッスル)
and more

★みかんとれもんの歌謡ステージ 
渚れもん(クラウンレコード所属歌手)愛はまぼろし/恋に破れて

★未分類の面白さ ふたりの詩人の同時混声朗読とインプロ

今井くるみ(Vo.朗読)貝殻節を唄う詩人
後藤博  (G.朗読)
小林雅典(G)
アカノシバヒト(Sax.尺八.他)

お気に入り

ここんところ疲れが全然抜けなくってな~んか嫌な感じだけど・・・こんなに疲れるのは一体何が足りない?きっと栄養と知性と愛とお金なんでしょうね・・・それはともかく最新のお気に入りディスクです。

”長谷川きよし:人生という名の旅”

オリジナルの再演にカヴァーの、スタジオ録音&ヨーロッパでのライヴ集です。

「別れのサンバ」、「Over the rainbow」、「灰色の瞳」、「そして今は」、「愛の讃歌」といったおなじみに加えレオ・フェレの(というかアポリネールの詩を云々すべきでしょうかね)「ミラボー橋」ミシェル・ルグランの「風のささやき」アンリ・サルヴァドール「人生という名の旅」その他といったところ。ソロ&少人数のアンサンブルでの演奏。風がよく通る夜中にちょっと濃いめに淹れてよく冷やしたコーヒーを呑みながら聴くと、想いはさまざまに巡る・・・


”長谷川きよし:人生という名の旅”
CD: TOCT-29004(EMIミュージック・ジャパン)

行ってきた

29日午前10時からの村上 等の葬儀に行ってきました。

20年振り近くで会う懐かしい顔もあり。

本人は・・・痩せて寝ていた・・・。

絶対にナンチャッテだと言い張る者もあり・・・

訃報続報

村上 等の葬儀関連です。

28日午後7時~通夜
29日の午前10時~葬儀


場所:桑名市斎場 おりづるの森

三重県桑名市大字西別所2077番地10
tel. 0594ー22ー8008

訃報

昨日(6月27日)9時25分、KUKU のマスターであり作家でありフリーフォーム・ドラマーの 村上 等永眠しました。
享年59歳(早すぎる!)・・・。

彼とは夜っぴてアート、音楽、民族紛争について語り、アンゲロプロスを観、疲れるとKUKUのソファに寝(Hard-time のときはビール一本の料金でホテル代わりに使わせてもらったものです・・・)、時には彼のドラムと共演し・・・思い出は果てしなく・・・

故人は亡くなるまで、消息を伝えることを禁じていたようです(それゆえ今の段階では死因等、判らず)。きっと、みんなのアタフタとする様子を見たかったんでしょう・・・。





名称変更か?:改訂版

んなこたぁ関係なく、今夏も開催!多彩なゲストを迎えての
「新田みかんプロジェクト」!

プロデューサー坂本曰く、

第3回なんです!新田みかんの総合芸術 7/21(SUN)
                                                              7/21(SUN) 新田みかんの総合芸術#3

今夏も開催!
多彩なゲストを迎えて最新型:新田みかんプロジェクト
アニソン.歌謡オン・ステージ.インプロなど
予測できない流動的なゲストとプログラム


私たちは菰野町に定住する新田みかんという無欲の天才に
感謝しなければならない。
彼がもし、スケベ心から東京、或いはニューヨーク、パリ、リオ・デ・ジャネイロあたりに跳んで行ってしまったら
私たちの人生の音楽的感動は半減するだろう。
県も街も総力をあげて新田みかんの流出を阻止することが行政の議題と政策になってもおかしくないと思う。
少なくとも新田みかんから税金を取らないように。


2013年7月21日日曜 ありがたくも、私たちはこの日、最新型の新田みかんのすべてを体験することになる。
18:30開場 19:00開演 四日市市諏訪町13-3 
LiveCafe FULLHOUSE
予約・前売り¥1500 当日¥2000 TEL/FAX:059-352-4977 fullhouse_1973@i.softbank.jp


★流動的なプログラムとゲスト出演者 総合MC マリリン

★懐かしのアニメソングヒットパレード→ちょいフル最新版
新田みかん(尺八,三味線.Tb.他)

シンディ  (Vo)
マリリン (MC.コスプレ.打楽器)
千春(パーカッション)
白鶴   (ホィッスル)
タカトシ (G)
JUNKO(Pf)

★みかんとれもんの歌謡ステージ 
*みかん面接の結果次第で出演か消滅?合格です!出演決定。
渚れもん(クラウンレコード所属歌手)愛はまぼろし/恋に破れて
http://www.youtube.com/watch?v=xTmrVFTnfgM

★未分類の面白さ ふたりの詩人の同時混声朗読とインプロ


今井くるみ(Vo.朗読)貝殻節を唄う詩人
後藤博  (G.朗読)
小林雅典(G)
アカノシバヒト(Sax.尺八.他)
and more

ってなことで・・・


とのこと。みんな来てね!

先日・・・

ヤマコ醤油株式会社の醤油・味噌を買おうと「じばさん三重」をうろうろしていたら新田みかんにバッタリと会う。ついでに(?)大矢知そうめん九鬼産業ゴマペーストも買う。

ヘビーローテーション

先週から部屋で掛けまくっている曲です。
ひさびさに「これだ!」と思った邦楽です。
レーモンド松屋「東京パラダイス」

" ゆきあいの空 " 平田あすか 個展

7月21日(日)「新田みかんの総合芸術」に向けてアロハを2枚、ハットを2個手に入れ、さぁ~てどれにしようかなと相も変わらずまず形から入っておりますが(遅くなりましたが小生も参加します!みんな来てね!)、世間では台風3号がやって来るの来ないので今年も暴風雨の季節に突入の模様です。
 さて、それに先立ち(?)名古屋円頓寺の AIN SOPH DISPATCH 平田あすかの個展です(先立ち、と言っても作品を2点ほど持ってるというだけで小生は直接関係がある訳ではないのだがww)。みんなで行きましょう!

" ゆきあいの空 " 平田あすか 個展

2013年6月15日(土)→6月29日(土) 
13:00-21:00 ※木曜休



"風のゆくえ"
ピグメントプリント、刺繍糸、34.5×51cm

「時間と共に、常に変化していく「もの」

その「もの」たちの一瞬を写真に取り出し、
刺繍によってイメージを入れ込んでいく。

その一瞬の姿は、静けさであったり、
ぬくもりであったり、懐かしさであったりします。

イメージを作り出していく作業では、写真の被写体
に対して語りかけている自分がいるように感じて、
会話をしている面白さがありました」

平田あすか


円頓寺商店街西端に在り
名鉄・近鉄・JR・地下鉄 [名古屋駅] 下車徒歩10分
地下鉄桜通線 [国際センター] 下車徒歩8分
■黒い鉄格子門扉のあるJAMJAM店内より通じております。
〒451-0042 名古屋市西区那古野2-16-10
(円頓寺本町商店街 JAMJAM 奥入ル)
phone 052-541-3456
e-mail info@ainsophdispatch.org
[13:00-21:00]木曜日休廊

「新田みかんの総合芸術」予告

今年も「新田みかんの総合芸術」の季節がやってきました。

プロデューサー坂本より告知がまいりました。
7月21日(日)の予定の由。

今年も暴風雨の中なのか?

詳しくは追々・・・

慨嘆2

標準時を2時間ずらす??
強欲金融資本主義の毒がここまでまわったとは・・・都知事閣下はもともと何かがまわってたようなお方ではあったが・・・

慨嘆・・・

あと何年、この世にいられるかはわからぬが・・・
ヤな国になってしまったなと思いながら死んで行くのだろうなぁ・・・

表面上の言葉に反して、誰に国を売り渡す気だ?アベちゃん?

乱入してきたぜ

柳川芳命主宰『地と図』 vol.60 に乱入してきました。

舞踏・身体表現の渡部智も乱入。
アフターアワーズでは柳川芳命、佐々木淳、渡部智とともに音楽、身体表現、さらには現代日本に於ける葬送のあり方にいたるまでまことに有意義な話合いを展開。

『地と図』 vol.60はいよいよ今週末です

柳川芳命主宰『地と図』 vol.60 いよいよ今週末です!

■『地と図』vol.60</span>
日時:2013年5月18日(土) Open 7:00pm Start 7:30pm
出演:佐々木淳(el-piano)+柳川芳命(sax)
   後半:当日参加者によるフリーフォームセッション

場所:カルヴァドス 名古屋市千種区内山3-20-6 
phone:052-733-8467
http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html
Charge: ¥1,500 (One drink in)

※佐々木×柳川デュオがホストになり,
当日参加者とトリオ,カルテット編成でセッションを行います。


読みましょう

96条云々、そして橋下のどうしようもない発言等、なにやら妙にキナ臭くなって来た今、みんなで読みましょう・・・


忘れてはイケナイ物語り
野坂昭如/編

2013年5月14日発売
定価:660円(税込み)
ISBN 978-4-334-78626-7
光文社 知恵の森文庫

出た、見つけた、買った!

発売、すぐ廃盤・・・が繰り返されてきた彷徨えるレーベル、ウエストミンスター室内楽系アルバム韓国ユニバーサルからCDの大全集(全録音を網羅という訳ではなさそうだが)という形でリリースされたのを知ったのはリリース後ちょっと経ってから。当然のごとく店頭にはなく、ネット上で買うのは好きくないし、これもまたわが運命か・・・と思っていたところ、とあるCDショップでバーゲン価格となっていた1セットを発見!!
これが買わずにいられようか!?新・中古ショップを回って集めた手持ちのものと重複する…なんて事言ってられない!

ウエストミンスター・レガシー~チェンバー・ミュージック・コレクション ?DG 40020(59CD)。
オリジナル・デザインが印刷された紙ジャケット!


バリリSQ、ウィーン・コンツェルトハウスSQ+etcによるシューベルト、ベートーヴェン、モーツァルト、ハイドン、ブラームスの室内楽の演奏。かつてレコード(!)を初めて聴いた時の感激が蘇るとともに、このCD BOX購入で心に響く演奏を求めての遍歴は終わるのでしょう。(他の楽団のディスクも勿論数種類手元にはあるけど)きっと死ぬまでに繰り返し聴くのはこのCD のになるんだろうなぁ・・・。他にもシューマン、メンデルスゾーン、ドヴォルザーク、ボロディン、グリンカ、ヤナーチェク等々。ダニエル・バレンボイムのベートーヴェン:ディアベッリの主題による33の変奏曲 Op.120、ピアノ・ソナタ第14番 Op.27-2「月光」ってのもあるぞ(w)。

" EDGE : 崖っぷちツアー " です!

roundaboutkombinat を主宰する三重の奇人、坂本浩からイヴェント告知が届きました!
EDGE:崖っぷちツアー2013 
早川岳晴&藤掛正隆
feat吉兼聡(from ZAZEN BOYS)

暴発と戦慄の軍事力が
ロックもパンクも駆逐する!


開催日時 2013/06/24(月) 20:00 ~ 22:00

¥2,500

LIVE CAFE FULL HOUSE

四日市市諏訪町13-3
(1号線喜多方ラーメン交差点の東50m)
TEL/FAX:059-352-4977

詳しくはこちら↓
http://everevo.com/event/4711




色がつきまくってる偏執長と彼の自爆の日:改訂版

どうやら即興表現ワークショップ乱入!の模様(模様という、このいい加減な言い方!というのは主宰関係がよく分らんのだよ、ま、表現にとっては主宰者なぞどうでも良い、そんなことは召し使いどもに任せておけ、とどこかで聞いたような言葉で偉そうに言ってしまいましょうw)で・・・

向 井 千 惠
(パースペクティブ・エモーション主宰/東京)
即興表現ワークショップ

於:5月6日 名古屋市演劇練習館アクテノン 
12:45~15:00
料金:1500円(見学も同額)

ノージャンル!ノーテクニック!ノーボーダー!
参加者募集! 見学歓迎!
すべての表現者のためのワークショップ。
お問い合わせ・ご予約はオービタルリンク事務局まで。
(予約なしでもかまいません)
(←これは到来mailより)


みんなで乱入しようぜ!


あ~それと勘違いする方がいらっしゃるといけないので念のために・・・
色がつきまくってる偏執長と彼の自爆の日、などというタイトルを掲げたからといって小生はM.H.は大っ嫌いです。小生のファンなら(ファンなんているのか?w)判ってくださってるでしょうがね。

5月18日(土)の乱入情報だぁ~い!

柳川芳命主宰『地と図』 vol.60 乱入です!
今回は木魚代わりにピアノを叩く怪僧、佐々木淳柳川と絡みその後、どのような形になるか不詳なれど小生がカラミます(酔っぱらってではない。いや自信ない・・・)。
佐々木淳の硬質なピアノにはどのような音で寄り添い、また挑発するのか?そして小生は自爆か?
柳川芳命、佐々木淳デュオ以外のメンバーは不詳。判り次第、おしらせします。
それはともかく・・・

■『地と図』vol.60</span>
日時:2013年5月18日(土) Open 7:00pm Start 7:30pm
出演:佐々木淳(el-piano)+柳川芳命(sax)
   後半:当日参加者によるフリーフォームセッション

場所:カルヴァドス 名古屋市千種区内山3-20-6 
phone:052-733-8467
http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html
Charge: ¥1,500 (One drink in)

※佐々木×柳川デュオがホストになり,
当日参加者とトリオ,カルテット編成でセッションを行います。
参加者は事前連絡願います。ji-to-zu@ccn4.aitai.ne.jp (柳川)
ただし,ドラムスや大音量の機材は,
店の防音状態の点からお断りします。


訃報続報

作家の江口康隆1月9日に食道ガンで逝去・・・。
もう一度ゆっくり話がしたかった・・・。今にして思えば、最後の個展、[ 文学的な余りに文学的な ]のオープニングに行けなかったのが悔やまれます。
改めて[ 文学的な余りに文学的な ]のコンセプトメッセージ(Gallery HAMのH.P.から無断転載)の抜粋を・・・

?私は今まで幾多のイメージや散文・詩に魅せられてきた。
?何故 像と言葉がこれほどの力を持つのか?
?両者はどのような関係にあるのか??
いつか上記のような疑問をテーマにして
作品を作るようになっていた。?
?・・・・・・・・
素材として、ダンボールを多用しているのは
?私なりのテオドール・アドルノへの返答である。
?彼は『アウシュビィツ以降詩を書くことは野蛮である』と言った。
??私は美しいものを追求したいとは思わない。
?そのためにダンボールを使用することによって
?美への罠に落ちないように、用心しているに過ぎない。??

江口康隆 2012.7.11


江口康隆の作品。「メルロポンティ」2002年。
ちなみにワタクシの所蔵しているものはこれではなくハンナ・アレントをモチーフにした作品


(画像は西村画廊のH.P.より)

4月13日のご報告

柳川芳命主宰『地と図』vol.59 乱入してきました。

『地と図』vol.59 2013年4月13日(土)Start 7:30pm~

アフターアワーズには有意義な会話と与太話が飛び交いました。緊張感と楽しさが同居する『地と図』に君も参加しないかい?(勝手に言っていいのかしら?)
で、とりあえず演奏風景をキャプションなしで。
撮影はワタクシのファン(本当か??)、F嬢
5月『地と図』にも乱入してやる~~!
Nothing Can Stop Me !ハハハハ・・・。








いよいよ明日だよ~

柳川芳命主宰『地と図』vol.59、いよいよ明日です。


『地と図』vol.59

日時:2013年4月13日(土) Open 7:00pm Start 7:30pm

出演:坂野嘉彦(cl,p,鍵盤ハーモニカetc.)+柳川芳命(sax)
     後半:当日参加者によるフリーフォームセッション

場所:カルヴァドス 名古屋市千種区内山3-20-6 

phone:052-733-8467
http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html
Charge: ¥1,500 (One drink in)

訃報

作家の江口康隆が1月に亡くなったらしい・・・

いよいよ来週土曜日、13日だよ~

いよいよ来週土曜日、13日に迫りました。
柳川芳命主宰『地と図』vol.59後半のフリーフォームセッションに乱入します。以下、柳川H.P.よりの情報。

あっ、柳川メールに新情報が・・・

※坂野×柳川デュオがホストになり,当日参加者とトリオ,カルテット編成でセッションを行います。
セッションにはサウンド以外の表現も受け入れます。

う~んこれはお前はギターは弾くな、という意味かな?(笑)それはともかく、改めておしらせです。みんな”表現”を持ち寄ろうぜ

■『地と図』vol.59
日時:2013年4月13日(土) Open 7:00pm Start 7:30pm
出演:坂野嘉彦(cl,p,鍵盤ハーモニカetc.)+柳川芳命(sax)
     後半:当日参加者によるフリーフォームセッション


※坂野×柳川デュオがホストになり,
当日参加者とトリオ,カルテット編成でセッションを行います。
参加者は事前連絡願います。ji-to-zu@ccn4.aitai.ne.jp (柳川)
ただし,ドラムスや大音量の機材は,
店の防音状態の点からお断りします。

場所:カルヴァドス 名古屋市千種区内山3-20-6 

phone:052-733-8467

http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html
Charge: ¥1,500 (One drink in)


「街角から」特別号だよ~

「街角から」特別号です。
le jazz modalkisshi le modal から津にいるという連絡があったので、では四日市で遊びましょう・・・ということで・・・

↓改札を出て来るkisshi le modal

↓なにはともあれ”きっちんケミア”へ。フライミックスとビール。

↓食べた、呑んだ

↓で、四日市へ来たらYou に寄らねば!カネちゃんと談笑


大入道とご対面

↓アヤシイ横町を・・・

モリショ店の閉店に出くわす

↓レアものを買うワタクシ

タエ様の(誰のことだって?分る人には分る。笑)弟君夫妻がやってるフレンチ

↓またまた呑む

「街角から」3月30日号だよ~

「自分たちだけ正義面するな・・・」。いやぁ~この言葉遣いからもいかなる人品のお方であるかが透けて見えそうですねぇ。あっ、大阪市長のことです(あのお方、相変わらず自己撞着しまくってますね)。
それはともかく桜がどうしたこうしたという話題には関係ない「街角から」3月30日号です。

↓待ちますから納得の行く仕事をしてください

↓食べたかったなぁ~

↓ネット情報を鵜呑みにしないように育って欲しい(とネットで言ってる矛盾という議論は成り立たないのさ)

↓やっぱりペプシの方がグッと来る(古い!)なぁ

↓パンを買いたかったぞ

↓このところ地酒を買って帰らなくなったなぁ~

↓現役のお店です!きっと丁寧な仕事なんでしょうなぁ

↓東芝のロゴが懐かしい。そしてオーナーの顔が見えるような店名

↓良い構成してるなぁ

↓ミニマルだなぁ

↓三叉路シリーズ

↓大きく主張している小さな看板

↓幸せが満ちていそう。ささやかで良いんだ・・・

↓Kodakの青みがかった発色なんて話、今は通じるのかなぁ

↓いいネーミングだなぁ~

↓雰囲気としては違うが、つげ義春の作品を思い出してしまった

↓ヘタクソだった絵解き(罰当たりな感想。笑)

↓フラワーショップではない

↓フラワーショップではない

↓三叉路シリーズ

↓何屋さんであるのか?

↓美容院シリーズ

↓内面が・・・

↓妙にカッコイイ

行って来た

井手日出志 の個展、「反復景色 / Recent Works」オープニングへ行ってきました。


↓上手端に立つのは作家の三輪嬢

↓作品、nagi 1、nagi2、nagi3

↓自作を解説する井出日出志

井出日出志ワタクシ。内緒だが撮影は作家の先間?康博


ハモノヤイトウ、作家らしい男性(よく分らんのだよ。以前ポートフォリオを観たような気もするのだが・・・)、作家のS嬢

↓未来の巨匠S嬢ワタクシ

↓そしてなんやかんやでオープニングはグチャグチャになって行く・・・

乱入情報だぁ~い

乱入情報です。
乱入ついでに(?)一言。ト◯タのピンクのクラ◯ン、正気の沙汰とは思えんなぁ~。ま、それはともかく・・・
4月13日(土)柳川芳命主宰『地と図』vol.59後半のフリーフォームセッションに乱入します。以下、柳川H.P.よりの情報。

■『地と図』vol.59
日時:2013年4月13日(土) Open 7:00pm Start 7:30pm
出演:坂野嘉彦(cl,p,鍵盤ハーモニカetc.)+柳川芳命(sax)
     後半:当日参加者によるフリーフォームセッション


※坂野×柳川デュオがホストになり,
当日参加者とトリオ,カルテット編成でセッションを行います。
参加者は事前連絡願います。ji-to-zu@ccn4.aitai.ne.jp (柳川)
ただし,ドラムスや大音量の機材は,
店の防音状態の点からお断りします。

場所:カルヴァドス 名古屋市千種区内山3-20-6 

phone:052-733-8467

http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html
Charge: ¥1,500 (One drink in)


井手日出志 情報

井手日出志の個展情報です。

井手日出志 / Hideshi Ide
反復景色 / Recent Works

23 Mar ? 27 Apr 2013 13:00-19:00 日・月・祝日休
Opening reception / 18:00 - 20:00, 23 Mar 2013
於 Gallery HAM



Gallery HAM のアクセス等は"お気に入り"で見てね!

プロフィール

space_lacs

存在の居心地の悪さを綴った文言を
叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。
大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか…
通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。

アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
カテゴリー
記事検索
  • ライブドアブログ